【東大生直伝】スマートニュース(スマニュー)で効果的に英語を勉強する3ステップ

こんにちは、東大生英語教師のジャックです。

 

今回は、スマートニュースで英語を勉強する方法3ステップを紹介していこうと思います。

 

英語の記事への切り替え方はもちろん、

スマニューの英語記事を使ってどのように勉強すればいいの?

という疑問まで答えていきます。

 

 

正直、やり方さえ間違えなければ、スマートニュースだけでも英語力は相当上がりますね。

 

実際に、僕自身東大に合格しTOEIC900点とっていますが、
英語学習の大半はスマホで勉強してました。

 

なぜスマートニュースが英語の勉強に役立つのか?

スマートニュースをどう使えば、英語力が確実に上がるのか?

 

早速みていきましょう。

 

スマートニュースが英語の勉強に最適な理由

まず、なんで僕がスマートニュースをおすすめするのか?

理由はいくつかあります。

  1. 1記事の長さがちょうどいい(World newsの場合)
  2. 電車の中などスマホで気軽に見れる
  3. 興味のある記事だけを読むことがでいる
  4. そもそも世界の知識がつく

 

いままでほとんどの人がやっていた英語の長文は、この真逆だったはずです。

 

今までの英語長文

一つの文章が長く、
机に向かわないとテキストを広げられず、
興味のない話題しかない。

これでは、英語が好きになるはずはなく、英語の成績が伸びないのも当然。

 

スマートニュースは、英語学習のハードルを一気に下げ、
英語の勉強を始めるとっかかりとしてめちゃくちゃいいんです。

 

スマートニュースで英語を勉強する3ステップ

ここからは、英語の記事を使って具体的にどのように勉強するか?を紹介します。

 

その後に、実際に英語の記事を読む方法を2つ紹介しますね。

 

 

東大生の僕が考案したこの勉強法には、3ステップあります。

 

それがこちら。

  1. 興味のある記事を読む
  2. わからない単語を長押しで調べる
  3. LINEにメモする

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

1.興味のある記事を読む

まずは、あなたが興味ある記事を探しましょう。

これが一番大事です。

 

 

僕は、ほとんどの日本人が英語嫌いになる最大の理由を知っています。

 

それは、学校教育で出てくる英文が異様につまらないからです。

 

 

英語のテキストを開くと、まったく興味のない話題の長文がズラッと並んでいます。

  • 歴史の話
  • 知らない海外の話
  • ニッチな科学の話
  • 架空のイベントの話
  • よくわからない海外の小説

 

正直いって、たとえ日本語でもまったく読みたくありません。

 

 

だから、読む英文の内容ってめちゃくちゃ大事だと思うんです。

 

「英語の勉強だし、興味ないけど頑張って読もう」

では、3日も続かないと思います。

 

「英語関係なく、興味ある内容だな!」

この状態を目指すのが、英語学習を長続きさせる秘訣。

 

だから、スマートニュースの英語の記事一覧で、
かならず自分が興味ある記事を選ぶようにしましょう。

 

2.わからない単語を長押しで調べる

 

英語の記事を読んでいると、かならず知らない単語が出てきます。

 

絶対にスルーしてはいけません。

 

 

なぜなら、英語試験の点数は、ほとんど単語量で決まるからです。

 

あなたが英語の勉強するのは、受験だったり、TOEICだったり、英語の試験で高得点をとるためのはず。

 

僕は東大受験もTOEICもやってきましたが、
英語試験は、結局は単語ゲーです。

 

だから、知らない単語は絶対にスルーしてはいけません。

 

 

じゃあ、どうやって単語を調べるか?

 

ここで、スマホのメリットが存分に発揮されます。

 

スマホは、英単語を長押しするだけで意味を調べられるんです。

 

すくなくとも、iPhoneでは可能です。(AndroidでもGoogle Chromeなら可能)

 

わからない単語が出てきたら、その単語を長押しすれば以下のようになります。

あとは、「調べる」を押すだけで、英単語の日本語訳がでてきます。

 

その間、実に2秒。

 

辞書を調べる必要も、単語帳も見る必要も、Googleに打ち込む必要もありません。

これほど効率的な勉強があるでしょうか?

 

瞬殺で単語の意味がわかります。

 

 

でも、実はただ調べるだけじゃたりません。

ステップ3までしっかり行わないと、単語を自分のものにすることはできないんです。

 

3.LINEにメモする

「あ、この単語こういう意味なのね!」
と理解しても、そのまま次を読み始めてはいけません。

 

なぜなら、単語を一発で覚えることは不可能だからです。

 

こちらのグラフをみてください。

 

こちらは、エビングハウスの忘却曲線とよばれるもので、
ざっくりいうと、

一回覚えてから何日たったらどのくらい忘れるか?

を表したものです。

 

これを見ると、一回覚えただけでは1ヶ月後には2割しか覚えていないことがわかります。

 

 

では、あなたの試験本番はいつでしょうか?

多分、1ヶ月後、もしくは数ヶ月後のときもあるでしょう。

 

つまりなにがいいたいかというと、
一回だけ覚えても、試験本番ではほとんど忘れている、ということです。

 

 

じゃあどうすればいいのか?

 

それが、メモです。

知らなかった単語をメモして、後から復習すればいいんです。

 

あとから復習すると、このような曲線になります。

 

後から復習すればするほど、単語は定着していきます。

 

 

「でもスマホでどうやってメモするの?」

 

そこで出てくるのが、LINEです。

 

え、でもLINEって友達とメッセージしかできなくない?

 

でも、実はLINEはメモとしてめちゃくちゃ優秀です。

 

 

LINEはほとんどの人のスマホにインストールされてると思います。

スマホは家にいるときも、外出してるときも、
絶対にはだみはなさずもってますよね。

 

だから、LINEの自分だけのトークルームに単語をメモしていきます。

しかも、片手でパパッとメモをすることができます。

 

でも、それだけじゃないです。

LINEで英単語をメモする最大のメリットが、検索機能があることです。

LINEは全てのメッセージのなかから特定の単語を検索できるので、
あとから
「この単語どっかでみたけど、なんだったけなぁ~~!!」
ってなっても、検索すれば一回目みたときのメモが一瞬で見つかるんです。

 

しかも、ノートと違って、文字数は無制限。

メモ帳としてLINE使わない理由がないですよね。

 

メモの仕方は簡単で、

1.英単語自体
2.日本語の意味やイメージ
3.用法や類義語など
4.どこでその単語と出会ったか

これを片手でパパッとメモするだけです。

 

数ヶ月後には、あなたのLINEが
あなただけの超便利な単語帳になっていると思います。

 

LINEなどのSNSを英語の勉強に役立てる方法は、
詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

 

スマートニュースで英語の記事を読む方法2つ

ではいよいよ最後に、
実際にスマートニュースで英語の記事を読む方法を紹介します。

 

実は、方法が2つあって、しかもそれぞれ向いている人と向いていない人がいます。

 

なので、一つずつのやり方と、そして向いている人を紹介していきますね。

 

1.タブにWorld Newsを追加する方法

スマートニュースの上には、「トップ」「エンタメ」「スポーツ」などのタブがあり、
それぞれニュースがジャンル分けされています。

 

そこに、”World News”という世界に関する英語のニュースを追加すればいいのです。

追加すると、このようになります。

 

日本のニュースも世界のニュースもあります。

 

このやり方で追加されるWorld Newsは3,4段落の短い記事が多めで、

  • 英語初心者
  • とりあえずスマートニュースで勉強をはじめたい
  • そこまで時間が使えない

 

といった方におすすめです。

 

やり方は以下。

World Newsの追加方法

1.一番右にある「もっと」タブを押す

 

2.検索欄に「英語」と入力

 

3.”World News”を押す

 

4.「追加」を押す

 

これで、タブにWorld Newsが追加されます。

 

2.アプリの設定を英語にする

次に紹介するのは、アプリの設定ごと英語にしてしまう方法です。

これで、全てのタブが英語の記事になり、日本語はいっさいなくなります。

 

もちろん、記事の長さもWorld Newsより長くなります。

 

この方法は次のような人に向いています。

 

  • 長い英文も読みこなせる人
  • ガッツリ時間をかけて学びたい人
  • できるだけたくさんの英語記事から選びたい人

 

 

具体的にやりかたは以下です。

 

アプリ設定を英語にする方法

1.右上の歯車を押す

 

2.「各国版」を押す

 

3.「インターナショナル」を押す

 

4.「完了」を押す

 

これで、アプリ全体が英語になります。

 

あとは、記事を探し放題です。

 

まとめ

今回は、スマートニュースを使って英語を勉強する方法を紹介しました。

 

正直、これを続ければ、勉強したという感覚もなく英語が劇的に上達していくと思います。

 

最後に3ステップを復習しておきますね。

 

3ステップ
  1. 興味のある記事を読む
  2. わからない単語を長押しで調べる
  3. LINEにメモする

 

このように単語は単語帳で覚えるのではなく、
英文のなかで出てきたら覚える、というのはめちゃくちゃ有効な方法です。

 

もちろん、スマートニュースだけではなく、どんな英文でもできます。

洋書でも可能です。

 

東大生が教える「長文を読むながら単語も覚える」もっと詳しいやり方は、こちらの動画をご覧ください。

 

きっと、目からウロコの勉強法だと思います。

人と同じ勉強法をしてても、人より英語ができるようになるわけありませんから。

 

 

他にも、東大生英語教師の勉強法を紹介している記事がたくさんありますので、チェックしてみてください。

どれでも、一風変わってるけど、めちゃくちゃ効果のある勉強法です。

 

ポケモンGOを英語で遊ぶ方法や、メリットとは?実際にプレイしてみた【用語解説有】

2020年9月10日

【東大生直伝】YouTubeをみるだけで英語を劇的に上達させる方法

2020年6月7日

美術館を楽しみつつ英語も勉強する方法をあみだしたので紹介してみる

2019年12月21日

趣味に没頭しながら英語力を簡単に上げる方法を、東大生が解説。

2019年11月12日

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA