【実話】TOEIC直前に悪あがきしたら935点とれてしまった話

こんにちは、東大生英語教師のジャックです。

 

先日、5年ぶりくらいにTOEICを受けたんですね。

 

で、結論からいうと、

直前(前日)まで何の対策もしてませんでした。

 

「やべぇやべぇ!」

現在英語のYoutubeチェンネルもやっていて、
TOEICの点数を動画で公開しようと思ってたので、
低い点数なんてとった日には視聴者に大笑いされます。

 

「あいつ英語教師名乗ってるのにTOEIC700点いかなかったってよ笑」

「やっば。笑 東大生ってただの凡人じゃん笑」

「YouTubeやってないで自分の英語の勉強しとけ笑」

 

 

・・・そんなことには絶対なりたくない。

なりたくない!

 

そう焦った僕は、直前の悪あがきすることにしました。

具体的には、前日の昼過ぎです。

 

TOEICの問題構成もほぼ覚えてない。

時間配分とか問題のパターンも全くわからない。

 

そんな状態から、どうやればたった1日で点数を最大化できるのか。

 

考え抜きました。

 

たくさんの側面から考え抜いて、
きちんと実践し、たった一日でTOEICに備えた結果・・・

 

935点とれました。
(過去最高点)

 

ちゃんと対策したら970とかいくんじゃね?
ってくらいでしたね。

 

全く対策してなかったら間違いなく900どころか800も怪しかったですね。

 

 

なので、今回の記事では、

僕が前日からどんな悪あがきをしたのか

どうすればたった1日でTOEICのスコアを最大化できるのか

これを特別にあなたにもお伝えしたいと思います。

 

 

もちろん、900点台を目指す方だけではなく、
500~900点のどのレベルの人もたった一日で点数を最大化できる方法です。

 

今回は、

  1. 前日にやるべきこと
  2. 当日にやるべきこと

の順でお伝えしていきます。

 

もし、あなたがこの記事をみているのがTOEIC当日なら、
前半は飛ばして 2.当日にやるべきこと からご覧ください。

 

それ以外の方は1と2両方みてもらえると、もうそれだけでTOEICの点数が100点アップすると思います。

 

 

では、さっそくいきましょう。

 

TOEIC前日の悪あがき

まずは、TOEIC前日の悪あがきを紹介します。

 

やるべきことは、大きく分けて4つです。

  1. とりあえず一回模試をとく
  2. 寝る前に今までの英語の勉強の復習
  3. マークシート用シャーペンと次の日の服を用意
  4. ぐっすり寝るための準備4つ

 

とりあえず一回模試をとく

これは必須です。

 

TOEICで高い点数をとる上で、一番大事なのは読解力でも文法力でもありません。

時間感覚です。

 

きちんと最後まで解き終わり、5~10分の見直し時間を残す。

 

これ、まじ大事。

 

どのくらい大事かというと、
坊主でタトゥーの男とすれ違ったらとりあえず頭下げとくのと同じくらい大事です。

 

 

で、この時間感覚を身につける(or取り戻す)には、模試を解くしかないんですよ。

 

一問ずつ個別にやってたら時間感覚なんて絶対に身につかないです。

 

 

自分がこのくらいのスピードでといたら、このくらいの時間余るのか。

もしくは、何問解き終わらないのか。

 

 

これを知ってるだけでも、本番超絶有利になります。

 

 

欲を言えば、一回模試を解いて時間感覚がわかった上で、もう一回解いて調整するのがいいのですが、時間ない人は一回でもいいです。

 

「このスピードじゃ間に合わない!」

とわかるだけでも、本番に活きます。

 

僕自身は、Amazonプライム特典で無料で読めるTOEIC攻略本の模試を2回解いて、完全に時間感覚を取り戻しました。

 

これが、一番大きかったです。

 

寝る前に今までの英語の復習をする

次に、普段から英語を勉強している人は、絶対に復習をしてください。

 

はっきり言って、新しいことを学んでも無意味です。

 

暗記は一回覚えただけじゃほとんど脳に定着しないからです。

前日に新しい知識を詰め込んでも、翌日に2/3は抜けてます。

 

 

でも、復習なら話は別です。

 

復習というからには、今までどこか最低一回は触れたことはある知識です。

復習すれば、最低2回は触れたことになります。

 

人間、2回同じ知識に触れれば、ある程度は覚えちゃうんですよね。

 

少なくとも、新しい知識を覚えようとするよりは、
断然頭に残りやすいです。

 

 

「復習といっても、昔の勉強のノートなんて残ってない!」

こういう人もいるでしょう。

 

実は、それはけっこうヤバいです。

 

 

さっきもいったように、学習は復習があってこそやっと脳に定着します。

わからなかった知識をノートの端にでもメモしないと、
二度とその知識に触れることはなくなり、
1ヶ月後にはほとんどの脳から抜けて、勉強の意味がゼロになります。

 

普段からメモする習慣のない人は、絶対にメモをした方がいいですね。

 

 

とはいっても、直前には、つべこべ言ってられません。

メモがない人は、とりあえずこのステップは飛ばして、
このあとのステップを全力でやってください。

 

 

ちなみに、僕はメモどころか最近ほとんど英語を勉強できてないので、
当然のごとくこのステップを飛ばしました。

 

マークシート用シャーペンと次の日の服を用意

 

突然ですが、マークシート用のシャーペンって知ってます?

こういう、1.3mmとかめちゃくちゃ太いやつです。

(http://northfox.cocolog-nifty.com/stationery/2015/02/post-99c6.htmlより)

 

これ、まじでマークをするのが秒速になります。

いや、秒速でさえないです。

 

コンマ何秒のレベル。

 

ほんとにマークシート上でペン先を2周したら、マークが塗れてるんですよ。

達人なら一周でもいけるんじゃないか?ってレベルです。

 

 

TOEICは全部で200問あるので、低く見積もって1問1秒節約できたとしても、全部で3分以上節約できます。

 

ほんとに、TOEIC人生がひっくりかえるどころか、180度ひっくりかえってまたひっくりかえってさらにひっくりかえるくらいの衝撃があります。

 

そして気づくんです。

 

「今までは使ってたシャーペンは、ただの黒鉛の棒にすぎなかったんだ。」

 

ちなみに、マークシート用のシャーペンダイソーで100円で売ってます。

 

 

 

マークシート用のシャーペンを買い終わったら、
次は翌日の服の準備です。

 

TOEIC当日の服装は絶対に前日に決めておいてください。

 

特に、朝の部の試験を受ける人はマストです。

 

 

理由は、次の日の朝に服を選ぶと脳を疲れさせるからです。

 

これ、気づいてない人多すぎますが、決定疲れといいます。

どっちにしようかな〜って迷ってる時点で、どんどん脳は疲れていきます。

 

だから、睡眠で回復できる前日までに決めておきましょう。

 

 

あと、不安を一つでも減らしておくと、寝付きもよくなるということもわかっています。

服だけじゃなくて、必要な持ち物とかも全部カバンに入れた状態で寝た方がいいですね。

 

 

ちなみに、上半身に着るものは、
パーカーとか首から通すのよりは、ボタンとかジップで前から開けられる物の方が圧倒的に温度調整しやすいです。

僕はだいたいシャツか、長袖Tシャツの上に薄手のコートで調整してます。

 

 

ぐっすり寝るための準備

これは僕の持論ですが、TOEICは英語の試験ではありません。

集中力の試験です。

 

眠い状態で実力以上の点数が出るわけありません。

 

実力以上の点数が出るのは、だいたいめちゃくちゃコンディションがいいときです。

 

 

だから、前日の睡眠がめちゃくちゃ大事になります。

 

TOEIC当日の集中力をMAXにするために、
僕は睡眠のため、前日に以下の4つのことをしました。

  1. 寝る3時間前からはものは食べない
  2. 寝る1時間半前にお風呂
  3. 寝る1時間前からは、スマホ、パソコン、タブレットなど画面をみない
  4. メグリズムと耳栓をつけて寝る

 

 

まず、寝る直前に食べ物を食べると、胃腸が消化で忙しくなって、睡眠の質が下がります。(ほんとに体感するレベルです。)

 

そして、実は寝る1時間半前にお風呂に入って体温を高めておくと、
1時間半後にちょうど下がって眠れやすくなります。

(詳しくはこちらの僕のルーティン動画↓)

 

 

次に、寝る1時間前からは、絶対にスマホなどの画面をみないでください。

ブルーライトで脳が覚醒してしまうし、SNSなどの情報は脳が興奮してしまう原因になります。

ゲームや漫画、YouTubeも避けます。

 

そして、最後にめぐりズムと耳栓をつけて寝ます。

 

めぐりズムのようなホットアイマスクがなければ、普通のアイマスクでもOK。

 

これで光と音を遮断でき、熟睡できます。

 

 

この4つを全て実践すれば、
あなたは間違いなくスタンガンよりも早く意識がとび、
マリアナ海溝よりも深い睡眠に落ちることでしょう。

 

翌日、無事体調MAXでスーパーサイヤ人になれます。

 

 

TOEIC当日の悪あがき

次は、TOEIC当日の悪あがきです。

 

当日は、3つのことをしました。

  1. いつもと同じように過ごす
  2. テスト開始2時間前にコーヒーを飲む
  3. ご飯を食べすぎない

 

いつもと同じように過ごす

 

TOEICに限らず、テスト直前の過ごし方には大大大大大大大原則があります。

 

それは、

いつもと同じように過ごすことです。

 

 

決して朝早く起きて対策、みたいなことはしてはいけません。

 

理由は簡単、いつもやってないことをやると、脳が緊張してリラックスできず、疲れるから。

 

いつもは飲まないエナジードリンクで気合いを入れたり、
いつもは食べないカツ丼でゲン担ぎをしたり。

 

全部、逆効果です。

 

 

スポーツ選手を見ればわかりますよね。

 

みんな試合直前までいつも聞く音楽を聞いたりして、できるだけリラックスしようとしてます。

 

野球のイチロー選手も、ラグビーの五郎丸選手も、大事なところの前は、いつも同じルーティンをしてます。

 

 

だから、いくらテスト本番だからといっても、新しい特別なことはしてはいけません。

 

いつも通りすごした方が結局パフォーマンスが上がります。

 

 

試験開始2時間前にコーヒーを飲む

コーヒーを飲むと集中力が上がる、と聞いたことある人は多いと思います。

 

でも、テストのどのくらい前に飲めばいいの?

ってことについてちゃんと答えられる人は少ないはずです。

 

でも、きちんと答えがあります。

 

それが、2時間前です。

 

 

なぜなら、コーヒーを飲んでから3時間後にカフェインの覚醒作用のピークがくるから。

 

TOEICは試験時間が約2時間なので、2時間前にコーヒーを飲むと、ちょうど試験真っ最中に効果がピークを迎えます。

 

 

あと、もう一つの理由が、利尿作用。

カフェインには、飲んだ後にトイレにいきたくなるという作用があります。

 

 

だから、試験直前にコーヒーを飲むと、試験中にトイレにいきたくなる可能性が大幅アップします。

いや、アップというかもう100%。笑

 

 

直前にコーヒーは絶対にやってはいけません。

(ちなみに僕は利尿作用なんて知らない頃にめちゃくちゃやってしまってて、「テストになると急に頻尿になるんだよなぁ」とか嘆いてました。笑)

 

 

僕の体感では、利尿作用はだいたいコーヒーを飲んでから30分後くらいにきます。

 

1時間前でもちょっと怖いので、利尿作用を考えても試験2時間前くらいにコーヒーを飲むがちょうどいいですね。

 

ご飯を食べすぎない

 

最後に、TOEIC前のご飯は絶対に食べすぎないでください。

 

なぜなら、ご飯を食べ過ぎることによって、そのあとの集中力が爆発的に下がるからです。

 

 

具体的には、炭水化物と油ですね。

 

まず、炭水化物を食べ過ぎると血糖値が急上昇して、眠くなったり集中力が下がることがわかっています。

 

あなたは、昼ごはんを満腹食べたあと、午後眠いなぁ、と感じたことがありませんか?

 

いや、あるはずです。断言します。

 

 

これは別に眠くなるのは当たり前なんかではなく、炭水化物のとりすぎで血糖値が急上昇しているのが原因なんです。

TOEICは集中力のテストなので、ご飯大盛りなんか食べた頃には無事破滅することになります。

 

 

次に、油。

 

油は炭水化物ほどではありませんが、集中力に悪影響を与えます。

理由は、消化の悪さ。

 

油は消化に悪いので、試験中に胃がムカムカしたりして、集中力が奪われます。

 

特に、揚げ物なんかは絶対にNGですね。

コロモが油をぎっしり吸収していて、油が多すぎます。

 

 

このへんの食べてはいけない食べ物に関しては、こちらの動画で詳しく話しているので、もっと具体的に何を食べてはいけないかを知りたい方は見てみてください。

 

 

 

じゃあ、どんな食べ物を食べればいいのか?

 

TOEIC直前おすすめの食事は、サラダチキンとサラダです。

炭水化物も油もほとんどないので、ガチで試験に集中できるようになります。(ほんとに体感でわかるレベルです。)

ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

まとめ

前日にできる直前の悪あがき

  1. とりあえず一回模試をとく
  2. 寝る前に今までの英語の勉強の復習
  3. マークシート用シャーペンと次の日の服を用意
  4. ぐっすり寝るための準備4つ

 

当日にできる直前の悪あがき

  1. いつもと同じように過ごす
  2. テスト開始2時間前にコーヒーを飲む
  3. 炭水化物と油を食べすぎない

 

TOEICは直前でも十分にできることはあります。

 

冗談抜きで直前の悪あがきで点数が100点変わることもありますので、諦めずに悪あがきしてみてください。

 

他にもTOEICの点数を上げるための勉強をたくさん紹介してますので、
これらの動画もチェックしてみてください。

 

ちょっと長いですが、TOEICの点数の上げ方がめちゃくちゃ詰まってます。

 

 

 

 

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも935点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定で公式LINE内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA