英語ができないあなたは、知らない間にお金を損しているという事実。

こんにちは、ジャックです。

 

今回は、僕がタイに行った時の体験をもとに
英語ができないと損をする
って話をしていきます。

 

 

これ、本当に怖いですよ。

 

なぜかって、
英語ができない人はそもそも損してる自覚がない
からです。

 

 

英語ができる人しか知らない世界。

 

 

でも、知らないうちに損をしているって
悔しいですよね?

 

安心してください。

 

今回の記事では、
「英語ができないと損する仕組み」
を全部語っていきますよ。

 

 

結論から言うと、

  • 情報を得られない損
  • 意思が伝えられない損

の2つの損があります。

 

詳しくみていきましょう。

 

英語ができないと得られない情報がある

はっきり言ってしまうと、
英語ができないとネットの情報が制限されます。

 

どのくらい制限させるかって、
たったの3.8%に制限されます。

 

 

これはどういうことかと言うと、
インターネット上では日本語の内容は3.8%しかないんです。

 

「ネット使えるように便利になった!」
とは言いますが、日本語のみだとその3.8%しか恩恵を受けれない。

 

 

これ、少ないと思いませんか?

 

消費税よりも割合が少ない。

 

英語はというと、なんと50%近くあるんですよ。
英語ができないと、この半分近くの情報を
理解することができないんですね。

 

 

実は、これで日本人は知らず知らずのうちに損をしているんです。

 

ビットコインで日本人は大損した

2017年の終わり頃、
ビットコインが暴落して話題になりましたよね。

 

チャートを見るだけで怖くなります。笑

 

 

では、なぜこんなことが起きたのか?

 

それは、
ビットコインを知らない人が大量に買った
からなんですよ。

 

ビットコインの仕組みを知らず、
ただ「儲かるらしいよ」という情報が出回った。

 

みんなが何も知らずに買っていたので、
実際の価値よりも不当に高額になっていたんですね。

 

 

だから、一気に落ちると不安になって、
みんな手放して、さらに価格が落ちる。

 

これが、ビットコインの高騰と暴落の背景です。

 

 

これをみて、マイクロソフトの創業者
ビルゲイツはこう言ったそうですよ。

 

「ビットコインは大馬鹿によるものだ」

 

これを、ビルゲイツの「大馬鹿理論」と呼びます。

 

彼は、ビットコイン反対派なんです。

 

 

ここからが本質の話。

 

このビットコインの暴落、
日本人がかなり被害にあったそうなのです。

 

日本でビットコインが話題になり始めていた時、
ビットコインはすでにかなり高額だったんですね。

 

実態よりも価格が高くなっていた。

 

だから、日本人は高いところでビットコインを買ってしまい、
結局損をしたんです。

 

 

でも、よく考えてみてください。

 

すでに高かったってことは、
その前に誰かが買っているんですよ。

 

買われないと価格は上がらないので。

 

 

では、誰が買ったか。

 

それは、アメリカを始めとする外国人が買ったんです。

 

彼らは、ビットコインに関する情報を、
日本人よりも早く知っていた。

 

だから、早めに買って、
損を回避できたんです。

 

その理由は、
ビットコインに関する情報が
英語で出回ってたからなんですよね。

 

だから、アメリカを始めとする英語圏の人は
いち早くビットコインの情報を知ることができたんです。

 

 

でも、日本人は英語で情報を読めないので、
情報を知るのが先延ばしになってしまいました。

 

 

日本人がビットコインで損をしたのも、
英語が原因だったんですね。

 

まさに、ビルゲイツの
「大馬鹿理論」が日本で繰り広げられてしまったわけです。

 

言いたいことが言えず損をする

英語ができない人の、二番目の損はこれ。

 

英語で自分の言いたいことが言えない。
言いたいのになんて言えばいいか分からない。

 

これが理由で損をすることがあります。

 

 

特に、旅行先ですね。

 

実は、旅行先ではかなりの日本人が損をしています。

 

僕はそれをタイに行った時に感じたので、
今回はタイでのエピソードを2つ取り上げてみます。

 

パキスタン人の店主と値切りした話

最近タイに
アジアティークリバーフロント
という超大型ショッピング施設ができまして、

前回タイに行った時に
そこに遊びに行きました。

 

想像していた日本のショッピングモールとは全然違いました。

 

さながら遊園地。

 

ライトアップがめちゃくちゃ綺麗で、
夜になると家族づれやカップルで溢れかえっています。

 

そして、なんと
ショッピング施設なのに
観覧車やお化け屋敷まであるんですよ。

 

ちなみに、観覧車は日本のの
2倍ぐらいの速度で回っていました。

 

どうやって乗るんだよ。笑

 

 

そして、このアジアティークリバーフロントの
何がすごいかって、めちゃめちゃでかい。

 

もともと倉庫があった地域を再開発してできたからか
倉庫の形をした建物が10個以上あって、
その一つ一つにお店がぎっしり詰まっているのです。

 

一個一個の倉庫も巨大で、
50mくらいの長さです。

 

数えきれないほどのお店の量ですよね。

 

倉庫の中では、
小物を売ったり、
タイパンツを売っていたり、
タイの仏像のレプリカがあったり、
いろんなお店があります。

 

 

その中、僕はある店に入りました。

 

その店はタイシルクやカシミヤのスカーフなどを
売っている店でした。

 

僕は初め全然興味なくて、
カシミヤってどんな触り心地なんかなー
くらいの気持ちで入ったのですが、
店主の中東風イケメンに話しかけられました、

 

“Where are you from?”

(どこから来たの?)

 

と聞かれたので、

 

“From Japan.”

(日本からだよ。)

 

と答えたら、

 

“Abe Hiroshi!”

 

と返されました。

 

 

え、アベヒロシ(阿部寛)知ってるん!?
アベシンゾウ(安倍晋三)じゃなくて!?笑

 

ちょっとびっくりしましたね。

 

 

そこからちょっとしゃべってみたら、
その人は相当な日本ファンらしいのです。

 

日本にもたくさん知り合いがいるようでした。

 

そこから、お互いの出身の話などをして、
仲良くなったのです。

 

 

その人は、パキスタンから来たみたいで、
カシミヤの原産地であるカシミール地方出身でした。

 

「カシミヤのほんとの名前は
パシミナなんだよ!
みんな間違ってカシミヤって呼んでるけど、
カシミヤって地名なんだよね。」

 

など教えてくれて、
「へえ~~」
と感心しながら聞いていました。

(ちなみに、これは本当みたいです。
最近では、現地の人にならって
パシミナ、と呼ぶ人も増えてきている。)

 

 

そして、パシミナのストールの様々なつけ方も
教えてくれました。

 

実際にパシミナのストールを使って、
僕の体にかけたりしてくれたのです。

 

 

そうこうしているうちに、
パシミナを買ってあげようかな、
と言う気持ちになりました。

 

それまで触ったことなく、
思ったよりも好きな触り心地だったので
お土産にもいいかな、と思ったのです。

 

それで何円か聞いてみたら、
7000円らしいのです。

 

思ったより高い。笑

 

それなら買わなくていいかなと思ったら、
特別に5000円にまけてあげる、
と言ってくれました。

 

「でも、それはたぶん誰に対しても言ってる。笑」
と思った僕は、
もう少し悩んでるふりしました。

 

向こうもどうしても売りたいみたいで、
「じゃあ何円で買う?」
と聞かれたので、

「3500円!」
と答えたら、

「君は日本について色々教えてくれたし、その値段でいいよ!」
と言ってくれたのです!

 

 

・・・え、半額でいいの?笑
ちょっとびっくりです。

 

しかも、日本好きだったので、
タイだったのに日本円で支払えました!

 

この人日本好きすぎる。笑

 

 

その後バイバイし、
他のカシミヤの店の人に相場を聞いてみたら、

「そのパシミナで3500円!Good price!」

と言っていました。

 

やっぱり、かなり破格だったんですね。

 

もし英語ができなかったら
その人と色々喋る事もできなかったし、
パシミナやカシミール地方について
色々知る事もなかった。

 

ましてや、
交渉してパシミナを
破格で買うこともできなかった。

 

英語できてよかったなーとほんとに思いましたね。

 

英語ができるだけで、
世界は広がるんだなーと感心しました。

 

タイのタクシー事情

実は、タイに行く日本人には落とし穴があります。

 

それが、
タクシー
です。

 

実はタイのタクシー
デフォルトでぼったくってきます。

 

特に駅の前などの人通り多いところは、
何もしないとほぼ100%ぼったくられます。

 

 

ぼったくる運転手が多すぎて、
観光客が普通の料金なんじゃないかと
勘違いするほどです。

 

 

でも、観光客でもちゃんと
正規の料金で乗る方法はあるんです。

 

それが、
メーターを使うかを聞く
ってこと。

 

メーターとは、走った距離に応じて
今の金額を出してくれるあれです。

 

これを使えば、
ほとんどの場合正規の料金で乗れます。

 

(メーター自体を改造している人もいるらしいけど、
かなり少数なはず。)

 

 

でも、これを聞く時、
英語が必要なんですよね。

 

メーターを使うかを英語できちんと聞けば、
もともと使わない人でも、
メーターで料金を計算してくれたりします。

 

「あ、この観光客は知識あるからだませないな」
って思ってくれるんです。

 

 

でも、こういったタクシー事情を知らずに
言われるがままにぼったくられる人が
後を絶たないんですよね。

 

だから、今でもタイのタクシーのほとんどが
ボッタクリを続けているのだと思いますが。

 

そもそも生涯年収が全然違う

英語ができないと損する理由、番外編。

 

今まではお金を多く払わされることについてみてきましたが、
そもそもの問題があります。

 

それは、
英語ができると生涯年収が上がる
ってことです。

 

 

みなさん、英語ができる人とできない人では
生涯年収は何円変わると思いますか。

 

答えは、びっくりするかもしれません。

 

実は、
2億円変わる
んです。

 

 

びっくりですよね。
でも、これは事実です。

 

様々な調査からもわかっているんですよ。

 

信じられない人は、この記事に実際のデータを載せたので、
ぜひ自分の目で確認してみてくださいね。

【2020年最新】英語ができると生涯年収が2億円も変わるという衝撃のデータがこちら。

2019年11月16日

 

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 英語が話せないと損する
  • 情報が得られないことによる損と、
  • 言いたいことが言えないことによる損がある。
  • そもそも、生涯年収も2億違う。

 

 

英語が話せないことによる怖さ、
そして英語が話せることによるメリットを
理解していただけたでしょうか。

 

テストの点数が取れる、
とか一般に思っている以上に
英語の効果は大きかったと思います。

 

 

ぜひ、この記事を
あなたの英語学習のモチベーションにしていただけたら、
と思います。

 

 

そして、
英語ができることによるメリットは
他にもあります。

 

これらの記事で紹介しているので、
ぜひみてみてください。

 

英語ができるとモテる。英語が恋愛の成功につながる理由を心理学的に解説してみた。

2019年9月25日

英語は人生の調味料。12倍の大海を遊び尽くしたいか?井の中の蛙のまま人生終わりたいか?

2019年9月22日

英語で人生が変わる。英語が話せる大きすぎるメリットを全部まとめてみた。

2019年8月20日

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA