【英語を学ぶ理由】なぜ私たちは英語を勉強するのか?東大生が解説

こんにちは、東大生英語教師のジャックです。

 

今回は、

なぜ日本人は英語を学ばないといけないのか?

について、東大生でありTOEIC935点を取得した僕が解説していこうと思います。

 

学生時代に強制的に英語を学ばされ、
社会人になってもTOEICなどを受けさせられる。

 

「なんでそんな英語を学ばないといけないん?」

「英語ってそんな大事なん?」

「できれば学びたくないんだけど…」

 

そういうふうに思ってる人もけっこう多いと思うんですよね。

 

僕は英語教師として5年間、
いろんな人に英語を教えてきたけど、
英語を学ぶ理由について気になっている人は多かったです。

 

 

「たしかに、英語ができるに越したことないけど、
できなくてもそれほど問題なくね?」

みたいな。

 

 

でもね。

僕は、これは断言できます。

 

そんな気持ちで英語を勉強しても
絶対に英語は身につかないよなー、と。

英語を学ぶ目的がはっきりしてないのに
英語が身につくわけがない。

 

だから、
「なんで英語学ばないといけないのかな、、」
ってモヤモヤしてる人は、
とりあえずこの記事を最後まで読んでみてください。

 

英語を学ぶ目的がはっきり見えると
確実に今までより英語の勉強がはかどります。

 

そして逆に、
もしかしたら
「それなら私、英語いらないかも!」
って思えるかもしれません。

それはそれで素晴らしい判断だと思うので。

 

そちらにせよ、
英語を学ぶ目的はこの記事で
ちゃちゃっと整理しておきましょう。

 

 

はい、ということで、英語を学ぶ理由。

 

結論からいいます。

 

僕は今までたくさんの英語学習者と話してきて、
いろんな英語を学ぶ理由を聞いてきましたが、

まとめると、英語を学ぶ目的は
以下の5つしかありません。

 

結局この5つです。

 

  1. 受験
  2. 仕事
  3. 海外を楽しむ
  4. 自信をつける
  5. モテたい

 

99%の人は、絶対にこのうちのどれかに当てはまります。

 

あなたどうでしょうか?

 

早速一つずつみていきながら、
考えていただければと。

 

理由1:受験のため

あなたがもし中学生や高校生なら、
受験のため、ということになります。

 

社会人の方は読み飛ばして次にいってもらってOKです。

 

 

いい大学や高校にいければ、
それだけで人生イージーモードになります。

 

 

何を隠そう、TOEIC935点をとった僕も、
最初に英語を学んだのは大学受験のためでした。

 

「東大に入りたい!」
と思ったので、英語を学んだ。

それだけです。

 

揺るぎようのない強力な理由です。

 

とはいってもこの記事を読んでくれてる
ほとんどの方は学生じゃないと思うので、次。

 

理由2:仕事のため

ここでいう仕事とは、

  1. 就職
  2. 転職
  3. 昇進

のことです。

 

「英語ができると就職に役立つんでしょ??」

「とりあえずTOEIC受けとけばいいんでしょ??」

 

TOEICで高い点数をとれれば、
入りたい会社に入れるし、
昇進もスムーズになる。

結果、給料が上がる。

 

 

今の日本では完全に

就職=TOEIC

という方程式が出来上がってます。

 

 

でも、これだけいいたい。

僕は声を大にして、
日本全国の英語学習者に言いたいです。

 

それはなにか。

 

 

英語学ぶと、
あなたが思っている以上に

給料あがるよ!!

 

ってことです。

 

 

みんな、なんとなく考えすぎてる。

「いい会社いけるんでしょ〜〜?」
くらいの認識。

でも、これじゃ、甘すぎる。

 

本当に英語を勉強する時間と労力に見合った結果がついてくるのか?

 

 

あなたは、具体的に

どのくらい英語ができるようになれば
どのくらい年収があがるのか?

って調べたことありますか??

 

 

実はこれ、いろんな会社が調べてくれてます。

 

このブログの過去記事でも紹介してますが、
実は英語ができるとできないじゃ
とんでもない給料の差が生まれるんですよ。

 

かなり驚くと思います。

 

実は、
英語ができる人とできない人では、

年収で300万円の差

が生まれると言われています。

 

 

いろんな会社で調査が行われてるんですが、
だいたい平均で300万円くらい変わるみたいですね。

 

50年働くってなったら、
一生でみて1億5000万円変わるってこと。

 

ひえ〜〜。

 

英語って思った以上に、
人生まるごと決めるんだな、と。

 

 

詳しい調査やグラフなどは
こちらの記事でまとまっているので、ぜひみてみてください。

 

【2020年最新】英語ができると生涯年収が2億円も変わるという衝撃のデータがこちら。

2019年11月16日

 

 

 

理由3:海外を楽しめる

数年前までは、
「就職のため!!」
って人がほとんどだったんですが、

最近は、
「海外を楽しみたい!!」
って理由で英語を勉強する人が確実に増えましたね。

 

 

僕は高校生にも英語を教えてるんですが、
大学受験だけじゃなくて、

外国人と英会話したいです!!

っていう人もだいぶ増えました。

 

 

具体的には、

  1. 外国人と会話したい!
  2. 海外旅行を楽しみたい!
  3. 海外の作品(洋画とか)を楽しみたい!

という3つが多いです。

 

学業でもビジネスでも、
趣味・人生を豊かにするために
英語を学ぶ、ということです。

 

 

ちなみに、

僕自身が
英語学んで一番良かったな〜と感じたのも
この3つ目の理由です。

 

 

 

あなたは、外国人と英語でちゃんと会話したことあります??

 

ほとんどの日本人がないと思うんですよね。

 

なぜなら、日本が島国だし、
移民もそれほど受け入れていない。

外国人が圧倒的に少ないからです。

 

 

アメリカ人とがっつり話したことがあるとか、
友達に外国人がいるって言う人はほとんどいないと思うんだよね。

 

僕自身も英語を学んで、実際に海外に行ったりするまでは、
ほとんど外国人と喋ったことはありませんでした。

 

それほど日本の中にいると
外国人と話すのが難しいんですよね。

 

別に英語で会話に限らず、
日本語でも外国人とちゃんと会話したことある人はほとんどいないと思います。

 

 

 

でもこれ一回ちゃんとしゃべってみるとわかりますよ。

 

外国人と喋るのはほんとに
刺激的だし本当に面白い。

 

僕は日本語で外国人のしゃべった事はほとんどありませんが、
英語で外国人と雑談をした事ならそれなりにあります。

 

海外旅行行った先で入ったレストランやショップの店員としゃべったりとか、
日本でもたまたま知り合いに誘われた飲み会に外国人がいて、英語でしゃべったりとか。

 

 

「いつも僕たちって同じような人としか喋ってないんだなー」
ってことを痛感します。

 

やっぱり日本人で日本に住んでるって言うだけで、
自然と考えが似てくるんですよね。

 

 

でも、外国人って外国で育ったってだけで僕たちは考えが違うし、
しゃべってみるといろんな気づきがあったりとか、
いろんな知識を知れたりとか、

外国人との会話は、それだけで人生が豊かになる。

 

 

ぜひ、あなたにも体験してもらえたら、
と心の底から思います。

 

理由4:自信がつく

僕は今でこそ
「コミニケーション能力高いね!」とか、
「初対面でもめちゃくちゃしゃべるね!」とか、
ありがたいことに言われます。

 

けっこう生まれつき陽キャみたいに思われるんですけど、

でも、実はそんなこと全くないんですよね。

 

 

僕は小学校の時まではほんとに引っ込み思案でした。

 

大人数だとしゃべれなくて、
友達もそこまでいない。

本当におとなしい子供でした。

 

 

 

で、そのままの状態で高校生になったんですけど、

じゃあどこで殻を破れたか??

っていったら、
英語を学び始めてから変わったんですよ。

 

 

英語を学び始める。
徐々に英語力が上がる。
一人よりも英語ができるようになる。

 

 

今の日本では、英語ができるだけですごいと言われる環境です。

だから英語ができたという成功体験は、
自分の中だけでなく、他人からの視線を変える。

 

 

TOEIC800点です、とか900点です、っていうだけで、
「すごいねーっ!」て言われる世の中じゃないですか。

 

英語もスムーズに話せたら、
それだけですごいと言われる。

 

 

人にそうやって「すごい!」言われた数だけ、
自分の自信になっていくんです。

 

 

自分に自信がつけば初対面で人見知りすることで絶対にないし、
人前は堂々としゃべれるし、

なによりも、 何事にも挑戦しようという気が生まれる。

 

 

そうやってどんどんアクティブに動いていけば、
もちろん失敗することもあるかもだけど、

あなたの経験や糧になって、
人生がどんどん好転していく。

 

自信がつくと、
そういった良い循環に乗ることができるんですよ。

 

自信がつけば、人生そのものが変わる。

僕は、そういった自信を英語での成功体験を通して身につけました。

 

理由5:モテる

そして自信がつくと何が起こるかって言うと、

モテます。

 

 

もしあの人が英語ペラペラだったら。
突然外国人に話しかけられても、
英語スラスラ答えていたら。

 

絶対に素敵だなって思うと思います。

 

 

事実、英語ができるようになってモテた!
という話もたくさん聞きますね。

 

 

英語自体もそうだけど、
収入が上がったり自信がついたり、
ってところも関係あるかもですね。

 

こちらの記事でも英語とモテの関係について書いてみたので、
気になる方はぜひ。

英語ができるとモテるのか?英語をやる理由は「モテたいから」で十分。

2019年11月25日

 

まとめ

と言うわけで、今日は
東大生でTOEIC935点を取った僕がリアルに感じている
英語を学ぶメリットを話してきました。

 

まとめると、

  1. 受験
  2. 仕事(就職、転職、昇進)
  3. 海外を楽しむ(外国人との交流、海外旅行、洋画など)
  4. 自信をつける
  5. モテる

 

もちろん受験や仕事などの実用的なメリットもあるけど、

英語を身につけるってことは、
別に英語そのものを身に付けるってだけではない。

 

英語を身に付けた過程で得られるものがたくさんある。

 

僕は実際に英語を学んで、
TOEIC935点をとって、
心の底からそう思いました。

 

 

英語には人生そのものを変える力がある。

学べばいい必ず将来の自分が喜んでくれる。

 

今の日本において英語を学ぶメリットは
ほんとにありすぎると思います。

 

 

英語を学ぶメリット理解して勉強するか、
理解せず勉強するか。

この2つの差は計り知れないですね。

 

 

というわけで今回は僕が感じる英語のメリットについてでした。

 

参考になれば幸いです。

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも935点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定で公式LINE内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA