【東大生が教える!】英語学習が完全無料でできるおすすめサイト10選

こんにちは、東大生英語教師のジャックです。

 

今日は、

完全無料で英語が学べるサイト10選

を発表していこうと思います。

 

東大生で英語教師もやっている僕が実際に使ってみて厳選した10個です。

 

僕は普段「英語を本気でやるならお金がかけた方がいい」
とずっと言っていますが、
英語をちょっとやってみたい、という方にとってはまずは無料で試せるものになってます。

 

今回は、リーディングとリスニングでそれぞれ5つ厳選しました。

 

では、さっそくいきましょう。

(リンクは全て記事下に貼っています。)

 

リーディング編

Breaking News English

Breaking News Englishを一言で言うと、

BBCニュースをレベル別に書き換えたサイト

です。

 

BBCニュースは英語学習の定番ですが、
英語学習者にとっては難しすぎるので、

そこで、登場するのが、Breaking News English

 

BBCのニュースをもとに、英語初心者でも読みやすいように、
難しい単語を置き換えたりして、レベルを調整してくれてます。

 

だから、どのレベルの英語学習者でも使えます。

 

 

さらに、Breaking News Englishのもう一つの特徴が、
クイズがたくさんあること。

 

一つの文章の下にクイズがこれでもかというほど並んでいて、
かなり復習に役立ちます。

 

 

ただ、無料なのでデメリットもあって、

  • リンクが押せないレベルがある
  • 広告が多い

などは注意が必要です。

 

Smart news

有名なニュースアプリであるスマートニュース。

お得なクーポンもあるのでインストールしてる人も多いと思いますが実は英語学習にも使えちゃうんです。

 

やり方は簡単。

 

  1. 「アカウント」タブを押して、
  2. 右上の歯車の「設定」を押して、
  3. 「各国版」を「インターナショナル」にするだけ。

 

 

このたった3ステップで、世界のニュースを英語で見ることができるようになります。

 

アプリで手軽に英文が読めるので、おすすめです。

ぜひ、やってみてください。

 

 

The Japan Times

次は、The Japan Times。

 

世界的に有名な新聞、The New York Timesの日本版です。

 

つまり、日本に関するニュースが英語で読めるのが特徴。

 

 

Smart Newsの英語ニュースはどうしても海外のニュースになってしまい、
「そんなの興味ねぇよ!」
となる人には、こちらのThe Japan Timesがおすすめ。

 

 

ちなみに、レベル別になった英語学習者用のThe Japan Times Alphaもおすすめです。

でも、こちらは有料になってしまいます。

 

Wait But Why

次に紹介するのは、Wait But Whyというブログ

 

こちらは世界的にもかなり有名で、

筆者が調べた様々な雑学や時事ネタを
面白おかしく学ぶことができる超人気ブログです。

 

その特徴は、なんといっても特徴的なイラスト。

 

独特ですよね。

(ちなみに、左がトランプ大統領です。)

 

ちょっと単語レベルが高いですが、本当に面白いのでぜひみてみてください。

 

Twitter

そして、リーディングの最後はちょっと変わり種です。

それが、Twitter。

 

「Twitterで英語学習なんかできるの!?」

と思いかもしれませんが、実はバリバリできます。

 

英語学習でのTwitterの使い方の一つ目は、
英語のツイートを読むこと。

 

具体的には、
外国人のアカウントをフォローして、タイムラインを読んでいきます。

 

でも、ここで一つコツがあって、
Twitterは気軽に英語に触れられるっていうメリットもある一方で、
英語がカジュアルすぎるっていうデメリットもあるんですよ。

スラングが使われてたり、そもそも文法が間違ってたり。

 

だから、Twitterでフォローするのは、
一般人って言うよりは、有名人の公式アカウントがいいと思います。

個人的には、トランプ大統領のTwitterはそこまで難しい文法も使わないし、
世界中だれでもわかるように表現も配慮されているので、おすすめです。

 

リスニング編

BBC 6 minute english

BBCとはイギリスの超有名なメディアで、
日本で言うと、NHKに当たるイメージ。

 

そんなBBCの英語学習者用のラジオが、BBC 6 minute Englishです。

 

このラジオは、イギリスのメディアなので、
キャストもイギリス人なので、
日本人が苦手なイギリス英語の練習にもなります。

 

トピックは、時事ネタや雑学系。

 

 

英語学習には本当におすすめのラジオです。

 

僕がTOEICで900点をとったときも、
リスニング力のほとんどはこのラジオでつけたといっても過言じゃありません。

 

VOA Learning English

こちらは、BBCのアメリカ版といってもいいメディアであるVoice of Americaの英語学習者用メディア。

 

こちらはBBC 6 minute Englishと違って

レベル別

になっているところが大きいです。

 

さらに、トピックもBBC 6 minute Englishと違っていて、
どちらかというと日常会話が多いです。

 

 

両方試してみて、BBC 6 minute Englishとどっちが向いているかチェックしてみてください。

 

English Upgrader+

TOEICは、公式で問題集を出していることは有名ですが、
Podcastでも公式として配信していることは、
知らなかった人も多いと思います。

 

形式としては、まずは英語が読み上げられて、
その後、日本語で解説してくれます。

 

TOEICを受ける予定がある人は、ぜひPodcastのEnglish Upgraderを使ってみてください。

 

 

ちなみに、このEnglish Upgraderはスマホアプリにもなっています。

 

スマホでお手軽にTOEIC公式の教材を無料で学習することができるので、
こちらも気になる方はこちらからチェックしてみてくださいね。

以下、参考までに、公式のアプリ解説です。

 

iTunes Storeのランキングで1位を獲得した人気ポッドキャストTOEIC presents English Upgraderをより英語学

習にお役立ていただけるようにアレンジしたアプリです。
ビジネスや日常などさまざまなシチュエーションで使われる英会話のスキットに基づいて、フレーズ解説や理解度チェッククイズ、フレーズ集などで構成されています。

  • 充実した単語帳機能で効率的に学習ができます。
  • 音声再生中に英会話スキットのスクリプトを英文/日本語訳に簡単に切り替えて表示ができるので、リスニング強化に便利です。
  • 理解度チェッククイズ、フレーズ3択クイズでスキット内容やスキットに出て
    きたフレーズをどのくらい理解したかを確認することができます。
  • 1つのアプリでシリーズの異なるエピソードも学習できます。エピソードは毎月追加されます。
  • エピソードは好きなものを選んでダウンロード、削除ができます。
  • エピソードはシチュエーションごと、シリーズごとなど絞り込んで表示できます。
  • テストの申込締切日が近づくとプッシュ通知でお知らせします。(非通知設定も可能です)

 

 

TED Talks

こちたは、言わずと知れた英語の有名メディア、TED Talks。

 

毎回違う分野から著名人が出てきて、面白いプレゼンをしてくれます。

 

TED Talksのいい点は、

  • プレゼンだから早口やスラングがなく聞き取りやすい
  • 字幕が完備されている
  • そもそもためになるし面白い

 

僕も、英語学習をしていたときは、休憩がてらに毎日TEDをみてました。

 

英語が学べるだけじゃなくて、知らず知らずの内にいろんな分野に詳しくなっていきます。

 

TED-Ed

こちらは、TEDは難しいな〜と感じている英語学習者向けのチャンネル。

 

実は、東大を目指していた高校生のときの僕の英語力の8割を構成したチャンネルです。

 

ほんとにオススメなのでいたるところで紹介してますが、笑
どういう動画を出してるかというと、

雑学を英語でアニメーションを使って解説しています。

 

で、このチャンネルなんですけど、登録者1200万人くらいいるんですよ。
どのくらいかというと、東京都の人口くらいです。

 

日本人で一番登録者が多いはじめしゃちょーさんでも1000万人行ってないので、
どんだけ人気かがわかると思います。

 

で、このチャンネルがはなにがいいかというと、
英語のリスニングはもちろんみにつくんですけど、
同時に教養がみにつくんですよ。

 

知的好奇心がめちゃくちゃそそられる内容です。

 

今すぐ友達に話したくなるいろんな雑学があって、
ジャンルも豊富で、絶対に自分が興味ある動画が見つかる。

 

だから、絶対に飽きないです。

 

僕は高校生のとき、帰りの電車で永遠にこのTED-Edをみてました。

英語の勉強はやっぱり続けることが大事なので、その点でいうとTED-Edは最強です。

 

まとめ

というわけで、今日は無料で英語学習できるサイトを10個話してきました。

 

まとめると、

 

 

ぜひ、上の10個を使って、まずは無料で英語を学習してみてください。

 

 

あと、ゼロから英語を習得した僕からのアドバイスとしては、
本格的に英語を学びたいなら、惜しまずお金はかけた方がいいと思います。

 

なぜなら、有料の教材の方が圧倒的に質が高いし、
お金をかけたことによって「やらなきゃ!」とモチベーションを買うことにつながる。

 

結果、圧倒的に早く英語を身に着けることができるからです。

 

 

英語を学ぶと、年収は300万円違うことがデータでもわかっているので、
数万くらいにケチケチしてられないです。

 

英語ができるのが一年遅れたら、300万円損するわけですからね。

 

ちなみに、その気になるデータはこちらの記事にかいてます。

【暴露】TOEICのスコアと年収の関係を、東大生英語教師が本気で考察してみた

2020年10月10日

 

 

また、動画でもおすすめ教材を喋っているので、
ぜひもっと知りたい方はみてみてください。

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA