英語脳の作り方!東大生英語教師が英語脳を手に入れる方法を全てまとめてみた。

こんにちは、ジャックです。

 

こんな経験ありませんか?

「英語で言われてもつい聞き返してしまう…」
「とっさに英語が頭に浮かばない…」
「英語で言われても日本語に訳してしまう…」

 

けっこうもどかしいですよね。

 

でも、これらは英語脳を鍛えれば解決できるんです。

 

 

英語脳を手に入れるコツは2つあります。

  • 英語学習からできるだけ日本語をなくす
  • 英語にできるだけ長く触れる

 

 

今回の記事では、
具体的な英語脳の作り方について
もっと掘り下げていきますね。

 

 

実は、英語脳がないために
とっさに英語が使えないというのは、
僕の生徒からよく聞く問題です。

 

後から考えてみたらわかるのに
その場でとっさに浮かばないんです。

 

「こう言っていたのか…!」
「こう言っておけばよかった…!」
となるのは、本当に悔しいですよね。

 

 

実は、僕も昔はこの問題で
すごく悩んでいた時期がありました。

 

でも、英語脳を鍛えることによって
克服することができたんです。

 

では、とっさに英語が聞ける、話せるようになる
「英語脳」の作り方
について話していきます。

 

動画もありますので、
よろしければ見てみてください。

 

 

 

では、内容に方に入っていましょう。

 

そもそも、英語脳とは?

そもそも、英語脳とは何かを整理しておきましょう。

 

みんな口をそろえて英語脳というのですが、
実際何をさしているかがはっきりしていない。

 

 

なので、この場ではっきりと定義しておきます。

 

英語脳とは、
日本語を介さずに英語が使える状態
のことです。

 

つまり、英語で話しているときは
日本語の「に」の字も出てこない状況です。

 

これは、
「頭の中にあるイメージを直接英語を変換できる」
ってことなんです。

 

頭の中にあるイメージ、とは

頭の中にあるイメージ?

 

それは、
どの言語にもなっていない「思い」
のことです。

 

イメージとは、例えば

(あー、お腹減ったな、、、
そういえばもう8時間も何も食べてない。
早くご飯行きたい、、、)

みたいなことを心の中で思うことです。

頭の中のイメージ

 

人間は、そのイメージを人に伝える際に、
言語に変換します。

 

日本語に変換したら、
「そろそろご飯にしませんか?」
となるし、

 

英語なら
“Let’s go out to eat.”

となります。

 

言語に変換

 

 

これはどういう流れかと言うと、

 

  1. 頭の中にイメージを浮かべる
  2. 言語に乗せてそれを伝える

 

の2段階になってるんです。

 

 

まずは、頭の中に言いたいことができます。

 

つまり、イメージですね。

 

1段階目(イメージを浮かべる)

 

でも、そのまま相手に伝えることは難しいです。

 

 

言語がない時代の人類は
ジェスチャー、身振り手振りで頑張って伝えようとしていました。

 

ですが、現在は、「言語」があります。

 

なので、頭の中のイメージを言語にのせて(変換して)
相手に伝えているのです。

 

2段階目(イメージを言語にのせる)

 

これで、無事、頭の中のイメージを伝えることができるんです。

 

イメージをそのまま英語に変換できるのが「英語脳」

上のプロセスの中で、
イメージを直接英語にできるのが
「英語脳」なんです。

 

日本語はどこにも現れてきません。

 

でも、英語脳がない人は、
イメージをまず日本語に変換します。
その次に、日本語を英語に変換しているんです。

 

英語脳がないと起こるデメリット

英語脳とは何かを
わかっていただけたと思います。

 

ここからは、
「でも、英語脳があると何がいいのか?」
「逆に、英語脳がないと何が不便なのか?」
を説明していきます。

 

単純に会話が遅くなる(できなくなる)

イメージをいったん日本語にして
それをさらに英語にするので、
単純に口から出るのが遅くなります。

 

リスニングも同じです。

英語を聞いて、
それをいったん日本語にしてから
理解するので、遅くなるんです。

 

 

遅いだけなら、いいじゃないか。
と思うかもしれません。

 

でも、ある程度まで遅くなると、
会話がままならなくなっていきます。

 

自分が質問したのに、
相手が何秒もうーんって考えたり、
口をもごもごさせていたら嫌になりますよね。

 

 

もどかしいので、
「また今度話そう!」
とかいって逃げたくなります。

 

これを、「英語が話せない」というんです。

 

 

僕の教え子も含め、
現状の日本人はほとんどがこの状態にいます。

 

「時間をかければ文を組み立てられるのに..」
って状態になっているんです。

 

 

でも、英語脳を身につけ、
イメージを直接英語にできれば
こんなことはなくなります。

 

英語をスムーズに聞けて、
スムーズに話せます。

 

だから自分に余裕が出てきて、
会話を弾ませることもできるし、
場合によっては冗談をいうことだってできます。

 

英語脳による効果は絶大なんです。

 

変な英語になりがち

実は、英語脳がないと困るのは、
時間の問題だけではありません。

 

できた英語が不正確なものになってしまうんです。

 

 

それは、なぜか。

 

日本語と英語は一対一ではないからです。

 

つまり、日本語の一字一句をそのまま英語に訳そうとすると、
英語にした時ニュアンスがずれていきます。

 

 

例えば、
「家」は “house?” それとも”home?”

 

じゃあ、「おうち」「家屋」はどうなる?

 

「家」=”house”
のように単純ではないんです。

 

完全に同じイメージの単語はなく、
どうしても「近い意味」の単語を選ぶことになる。

 

 

ことわざなんかも良い例ですね。

 

例えば、「早起きは三文の徳」。

 

一応、英訳としては
“The early bird gets the worm”
(早い鳥が虫を捕まえられる。)
という英語のことわざがあります。

 

まぁ確か言いたいことは同じですが、
ニュアンスは異なることは明確です。

 

 

もっとひどいと、訳がないってこともあります。

 

 

だから、日本語を英語にしたり、
英語を日本語にする作業があると、

イメージがずれてしまって、
会話が繋がらなくなる可能性があるんです。

 

英語と日本語が一対一じゃないってことと
どうしたら解決できるのかをまとめた記事があるので、
よろしければこちらも読んでみてください。

 

『”教える”は”teach”じゃない』って話もしています。

【単語帳不要論】英語が上手くなりたいなら、単語帳は捨てろ。

2019年9月15日

 

英語脳を作るための3つの絶対原則

では、英語脳の大切さがわかったところで、
英語脳の作り方に入っていきましょう。

 

僕が実際に試してみて、
英語脳が身についたと実感したコツを
3つあげていきます。

 

昔英語が全然できなかった僕が証明しているので、
皆さんも再現できると思いますよ。

 

単語帳を捨てて、日本語を遠ざける

英語を日本語に変換したくないので、
まずは、英語学習から日本語を出来るだけ遠ざけます

 

これは単純かつ強力な発想ですが、
多くの人ができてないんです。

 

 

では、なんで日本にいる英語学習者は
日本語を遠ざけることができてないのか。

 

原因は、
単語帳
にあると僕は思っています。

 

単語帳が原因で、
日本語と英語を変換する発想になってしまってるんです。

 

 

考えてみてください。

 

単語帳って、
英語と日本語の変換そのもの
ですよね?

 

左に英単語が書いてあって、
右にその日本語訳が書いてある。

 

 

英語学習者のほとんどが、
単語帳の暗記が英語学習の大半になっています。

 

「英語をがんばろう!」と思ったら、
とりあえず単語帳を開いて単語を覚える、
という人も多いのではないでしょうか。

 

 

でも、それだとますます
日本語と英語を変換しようとするワナに
かかるのです。

 

結果として、英語を話すときに
何秒もうーんって考えたり、
口をもごもごさせてしまう。

 

その原因は、単語帳で覚えたものを使って
日本語と英語を変換していることに他ならないんです。

 

これに関しては、先ほども紹介した記事

【単語帳不要論】英語が上手くなりたいなら、単語帳は捨てろ。

2019年9月15日

にもっと詳しく書いてあるので、
よろしければどうぞ。

 

 

具体的に単語帳なしで
どうやって単語を覚えるのか?

に関してはこの記事の後半で触れます。

 

英語に触れる時間をできるだけ増やす

人間の脳は、たくさん経験したことを重要だと判断します。

 

何回もみた人を自動的に覚えてしまうのも、
それを脳が「この人が大事だ」と判断しているからです。

 

これは脳科学的に説明できて、
あることを繰り返し体験すると、
頭の中の回路が強化されていきます。

(シナプスと呼ばれる部分の繋がりが強くなる。)

 

なので、あることを頭に染み込ませようと思ったら、
繰り返し経験するのが近道です。

 

 

これは、英語脳にも同じことが言えます。

 

英語脳を作りたいと思ったら、
繰り返し英語に触れるんです。

 

よく言われるのは「多読」ですよね。

でも、英語脳を手に入れる方法は
多読だけではありません。

海外ドラマなんかもめちゃ効果あります。

 

英語を聞く。
英語を読む。
英語を話す。
英語を書く。

 

形はどうであれ、
繰り返し英語に触れていると、
脳は自動的に
「英語が大事!!」と判断します。

 

結果として脳の回路が強化され、
英語脳が手に入るんです。

 

まさに、文字通りの
英語「脳」
ですね。

 

 

でも、
「英語にたくさん触れるといっても、
そんなに時間が取れない!!」
という人もいるでしょう。

 

安心してください。

 

時間がなくても、
スキマ時間でできる英語学習を、
このあと紹介します。

 

段階をふむ!まずは単語や短いフレーズから

英語脳を手に入れようと思っても、
いきなり長い文がスラスラ言えるようにはなりません。

 

なので、まずは単語や短いフレーズから
慣れていきましょう。

 

洋画の中に出てきた短いフレーズ、
会話の中に出てきた使える単語。

 

これを、意識的に練習したりして
頭の中に染み込ませていきます。

 

英語脳がなくても、
単語や、2.3単語のフレーズなら
練習すれば、日本語なしでイメージできるようになります。

 

 

この方法は、特に洋画やリスニングなど、
「聞く」ときに有効です。

 

これは使える!!!と思ったら、
繰り返し再生したりして、
頭に染み込ませてください。

 

この方法を「リテンション」といって、
この記事で詳しく解説しています。

リテンションで英語力を身につけよう!やる意味と手順を徹底解説

2019年10月18日

 

リテンションをすれば、
後になって自分が同じような場面になったとき、
自動的に英語のフレーズが頭に浮かぶようになりますから。

 

英語脳を作る、具体的な方法

これまでは、英語脳を作る
コツについて話してきました。

 

ここからは、
それを踏まえて具体的には何をすればいいのか?
について話していきたいと思います。

 

 

「日本に住んでるのに英語脳を本当に作れるの??」

という思う方もいるでしょう。

 

でも、安心してください。

 

日本に住んでいても、
十分英語脳を作ることができますよ。

 

英語のドラマ (>映画) をみまくる

僕が一番おしているのが、
この英語のドラマです。

 

洋画が一番よいポイントとしては、
単純にそれ自体がおもしろい
からです。

 

英語の勉強にはやる気の低下がつきものですが、
洋画はそれ自体が面白いので
やる気の問題はおきません。

 

 

さらに、僕が映画ではなくドラマを
すすめているのにもわけがあります。

 

それは、
次の話がみたくなるように設計されている
からです。

 

映画はそれっきりで、
一回見終わると次の映画を探さないといけません。

 

でも、ドラマだと、
次の話をそのまま見ればいいのです。

 

 

日本のドラマでもそうですが、
一回見たら次の話が待ちきれないですよね??

 

リアルタイムだったら一週間うずうずしてるし、
配信で見てたら、気づいたら何話もつづけて見てる、
てことがよくあります。

 

もちろん、これはアメリカのドラマでも同じです。

 

 

しかも、アメリカのドラマがこれまた、
めちゃくちゃカッコイイんですよ。

 

いちいちセリフがカッコイイし、
特に恋愛シーンのセリフとか、
カッコよすぎて泣けてきます。笑

 

「これ僕も使ってみてぇぇーー!!!」

 

って衝動にかられて、
英語のモチベーションが爆上がりしたりします。

 

僕は、「これは!!!」というセリフがあったら、
家で一人で練習したりしてます。笑 (恥ずかしい…)

 

ドラマは、英語学習としてだけではなく
休憩としても見ることもできますよ。

 

オススメの海外ドラマ

僕のオススメのドラマは、
SUITS
です。

SUITS (Amazon Video)

 

このドラマは、
ニューヨークを舞台に
二人の弁護士が様々な問題に立ち向かっていくドラマです。

 

日本でいう、相棒みたいな感じですね。

 

そしてこのドラマ、セリフがめちゃくちゃカッコイイ!

 

主人公2人の信頼があるからこそでるセリフ、
数ある恋愛シーンのセリフ、、。

 

日本のドラマにはない、
アメリカ特有のスケールがあります。

 

 

そしてこのSUITS、
実はシリーズ化されていて
全部合わせると100話近くあるんです。

 

めちゃくちゃ多いですよね。

 

僕もこの記事を書いているときは
SUITSを見ている真っ最中です。

 

1日ちょっとずつ見てます。

 

 

…とか言ってたら続きの話が見たくなってきました。笑

 

ちょっといったん書くのをやめて、
次の話を見てきますね。w

 

・・・

 

・・・

 

見てきました!

 

今回の話もめちゃくちゃよかったです。

 

次の話を見たい気持ちを必死にこらえて
戻ってきました。笑

 

やっぱり、楽しみながら英語も覚えられるのは、
最高ですね。

 

よく出てくるフレーズは、
自分の口からもあふれるようになります。

 

口から英語のせりふが飛び出した話

僕は、最初に自分の口から
英語のセリフが飛び出してきた時のことを覚えています。

 

アメリカのドラマは、
驚いたときに
「Jesus…!!」 (キリストのことです)
と叫ぶことが多いんですが、

 

これをたくさん聞いたせいか、
それがとっさに口から出たんです。笑

 

 

その時は、
爆音で音楽を聴きながら
ワックスで髪を整えていました。

 

そしたら急に電話がかかってきて、
電話の方を向いたら、

腕がワックスに当たって
ワックスが床に…!!

(しかも液体状)

 

もう、とっさに
“Jesus…!!!”
と叫びましたね。

 

何も考えてなかったのに、
口から溢れたんですよ。

 

ワックスのことよりも、
そっちのことの方が驚きでした。

 

「こんなにドラマのセリフが頭に染み付いているんだ!」
って。

 

そして、何より嬉しかったですね。

 

 

英語のドラマを見ていると、
いろんなセリフが口から飛び出してきます。

 

ここでは書けませんが、
汚い言葉たちもあります。笑

 

特に、最初の”Jesus”は、
本当に衝撃でした。

 

確か、最初のドラマを
15話くらい見終わったときでしたね。

 

本当に嬉しかったです。

 

…そのあとワックス拭いたせいで
腰痛になりましたが。

 

ラジオを聴く

洋画だけでなく、ラジオも有効です。

 

それは、
ながらでも聞けるからです。

 

歩きながら。
料理しながら。
洗濯しながら。

 

これらの時間は、普通ただ消費されていくだけですが、
この時間にイヤホンをつけてラジオを聴くだけで、
学習の時間に変わります。

 

スキマ時間を有効に活用できるんですね。

 

 

特に、歩きながらは集中できるのでおすすめです。

 

僕も、歩くときにはいつもイヤホンをつけて、
英語を聞いたり、音声学習をしていました。

 

音声学習はちょっとした時間でもできるので、
積み重ねれば圧倒的な成長をすることができます。

 

音声学習については動画にまとめてみたので、
よろしければ見ていってください。

 

 

音声学習がいかに大事かがわかると思います。

 

「ながら」でラジオを聞いたり、
音声学習をする。

 

英語上達の強力なエンジンになりますよ。

 

短期留学

留学、というとハードルが高いかもしれません。

 

長期間、外国に行かなきゃいけない。

 

日本の家族とも会えないし、
友達とも会えない。

 

日本でのキャリアを遅らせることにもなる。

 

英語は上手くなりたいけど、
これらが理由でためらっている人も多いです。

 

 

でも、安心してください。

 

「短期留学」なら、
日本での生活を全く犠牲にせずに
留学することができます。

 

短期留学は、2週間のものもあります。

 

それなら、学生なら長期休暇中、
ビジネスマンでも有給の範囲でいけますよね。

 

 

「でも、たった2週間で効果あるの??」

 

そう思う方もいるかもしれません。

 

でも、これははっきり効果がある、と断言できます。

 

なぜなら、僕は実際に2週間の留学を体験したことがあるからです。

 

まだ高校一年生のときで
英語がそこまで上手くなかったときに、
フィリピンにいったんです。

 

たった2週間だと、僕も思っていました。

 

でも、終わる頃には、
頭の中の思考まで英語になっていたんです。

 

そう、完全に英語脳です。

 

僕自身も驚きました。

 

その時の体験をまとめた記事があるので、
こちらもよろしければ読んでみてください。

 

フィリピンで2週間ホームステイしたら、思考まで英語になった。【フィリピン留学体験記】

2019年9月21日

 

留学はお金はかかりますが、
他のどの手段よりも確実に英語脳を手に入れることができますよ。

 

文脈の中で英語を覚えよう

英語のドラマ、
ラジオ、
短期留学。

この3つを紹介しました。

 

この3つに共通していること、
わかりますか?

 

 

それは、
文脈の中で英語に触れている
ことです。

 

ストーリーの中。
会話の中。
生活の中。

 

つまり、
その単語やフレーズを使う場面
と一緒に英語を学べるんです。

 

いわゆる、生きた英語ってやつです。

 

単純に英語のこと抜きにしても、
ストーリーが面白いし、
会話が楽しいし、
生活も楽しいです。

 

それに加えて、
その英語の使い方や、
使う文脈まで学ぶことができる。

 

 

僕の、”Jesus!!”の例もまさにそうですよね。

 

ドラマの中で”Jesus!!”って叫ぶ場面を見てきたから、
僕も同じような場面でそれが口から出た。

 

 

これが、単語帳だったら
そうはいきませんでした。

 

どれだけ単語を覚えても、
口からあるれることはなかったと思います。

 

それは、単語帳は「化石の」英語だからです。

 

英語の一部分をとってきて、標本にしたにすぎない。

 

そして、
「日本語訳」という名札を
つけただけなんです。

 

アンモナイトの化石があって、
その前に「アンモナイト」と書いてあるのと同じ。

 

でも、僕たちはそんな化石の英語が欲しいのではない。

 

実際に使える
「生きた」英語が欲しいんです。

 

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 英語脳は、スムーズな英語使用に不可欠
  • そのために、英語学習から日本語を除く
  • 英語にできるだけ触れる
  • まずは、短いフレーズから
  • ドラマ、ラジオ、留学がおすすめ
  • 生きた英語を手に入れよう

となります。

 

口からあふれるような
「生きた英語」を手にしないといけません。

 

それが、英語脳を作る、ということです。

 

自分が意識せずに英語が話せた時ほど、
嬉しいことはありません。

 

まずは、

  • 英語のドラマ
  • ラジオ

から始めていきましょう。

迷ったら、とりあえずSUITSを見てみてください。

 

Googleで調べれば、情報が出てきます。
Amazon videoにもあります。

SUITS (Amazon Video)

 

ぜひ、楽しく英語脳を作って、
英語ライフをエンジョイしていきましょう!!

【思考まで英語にする方法】英語でモノを考えるためのたった一つの勉強法とは?

2019年10月28日

英会話を独学で撃破!10分のスキマ時間で超お手軽に練習する2つの方法。

2019年10月17日

日本人が英語が話せない7つの本当の理由と、たった1つの解決法。

2019年10月12日

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA