Goeigoは勧誘される?Goeigoについての情報を全てまとめてみた

こんにちは、東大生英語教師のジャックです。

実は、無料でできる英会話教室があるんです。

 

その名も、

GO-EIGO
(https://goeigo.org/)

 

でも、無料っていっても、
「え、なんで!?」
「なんかウラがあるの?」
って思ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、

  • Goeigoはなぜ無料なのか
  • Goeigoは勧誘される?
  • Goeigoのレッスン内容
  • Goeigoがおすすめな人

 

など、Goeigoの全ての情報をまとめていきたいと思います。

 

無料の英会話が少しでも気になる方は、ぜひ最後までみていってください。

 

GO-EIGOとは?

GO-EIGOとは、結論から言うと、

GO-EIGOとは

末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン協会)によるボランティアの英会話教室

です。

 

「え?怪しい団体?」
と思うかもしれませんが、そうではありません。

モルモン教の信者も世界で、1600万人以上いて、
ちゃんとしたキリスト教系の宗教団体です。

日本にも信者が13万人ほどいます。

 

 

モルモン教はアメリカが発祥ですが、布教のために、18才から20才の若い信徒が2年間布教活動をするのです。

そして、日本に布教活動にきた信徒が教えているのが、GO-EIGOというわけです。

 

週に一回、60分の授業です。

予約も必須ではなく、コンビニ感覚でふらっと直前での参加もできます。

そのへんはかなりゆるいみたいですね。

 

なんで無料なの?

GO-EIGOは完全無料なのですが、その理由は、

モルモン教の信徒たちが奉仕活動の一貫として英会話を教えているからです。

 

実は、モルモン教では、18-20才の2年間を布教活動や奉仕活動にあてる、という教えがあります。

だから、18-20才のモルモン教徒が日本にやってきて、2年間英語を教えるんです。

 

そして、場所もモルモン教の教会堂を教室として使用しています。

 

  • 人件費
  • 場所代

がゼロだから、無料で運営できているんです。

 

特にウラがある、といったことはありません。

 

モルモン教って?

じゃあ、モルモン教ってそもそもなんなのか?

日本だとあまり聞きなれないので、思わず
「怪しい…?」
って思ってしまうかもしれませんが、
そんなことはないのでここで紹介しておきます。

 

まず、結論から言うと、

モルモン教とは、

モルモン教

信徒が世界で1600万人以上もいる、比較的大規模なキリスト教系の宗教。

 

モルモン教とは通称らしく、正式名称は

末日聖徒イエス・キリスト教会

です。

 

1830年にジョセフ・スミス・ジュニアがアメリカのユタ州を中心とする新宗教で、
「モルモン書」を経典とします。

モルモン書

これが、「モルモン教」という通称の由来です。

 

キリスト教を由来にしてるんですが、カトリックとかプロテスタントなど、昔のからの大規模な宗派からは異端扱いされているみたいです。

 

 

主な教えや戒律としては、

  • モーセの十戒
    • 神を信じる
    • 偶像崇拝禁止
    • 神の名をみだりに唱えない
    • 安息日(日曜日)に礼拝をする
    • 両親を敬う
    • 殺人をしない
    • 姦淫をしない
    • 盗んではいけない
    • 嘘をつかない
    • 財産をむさぼらない
  • コーヒー、お茶、タバコ、アルコール、麻薬の禁止
  • 夫婦間以外でのあらゆる性行為、結婚前の性交渉の禁止
  • 日曜日が礼拝をする(約3時間)
  • 断食
  • 収入の10分の1を献金をする
  • 特殊な下着を付けないといけない

 

 

僕が一番辛いなー、と思ったのが、
コーヒーとアルコールの禁止ですね。

コーヒーのまないと勉強に集中できないし、夜はどうしてもアルコールは飲みたいですね。

 

あと、収入の10分の1を献金もじわじわ辛そうです。

消費税が10%から20%になったみたいなものですからね。

財布がいたい。

 

GO-EIGOはモルモン教に勧誘される?

一番不安に思っているのはここではないでしょうか。

 

でも、結論からいいます。

 

勧誘される可能性はあります。

 

 

そもそも先生がモルモン教の信徒たちで、日本に来ている理由は布教活動です。

なので、当然勧誘はされることがあります。

 

勧誘される、という事実は、GO-EIGOのホームページにもしっかりと書かれていて、

ホームページより

GOEIGOの歴史は60年を誇り、日本人の英語教育、国際教育、道徳教育に貢献しています。

ミッションスクールの使命として、無料英会話などの英語教育とあわせ、豊かな人格と国際性を養う教育の場を提供することを目指します。自尊心を高め、困難を前向きにとらえ、目標を持って向上し、社会で貢献する助けとなるように、クラスの最後に,短い道徳的なメッセージを紹介します。人々が、特に子どもたちがより良い選びをし、より豊かで幸福な人生を送ること、それが私たちの心からの願いです。

 

短い道徳的なメッセージこそが、モルモン教の教えであり、つまり勧誘です。

 

そう聞くと、
「宗教勧誘なんてやっぱり怪しい!」
と思うかもしれませんが、実はそんなことはないです。

 

宗教は、当たり前ですが、人が人を勧誘することによって大きくなるので、

  • キリスト教
  • イスラム教
  • 仏教

世界の半分以上の人が何かしらの宗教を信じていると言われてますが、ほとんどが勧誘によるもの。

だから、海外では宗教の勧誘なんて当たり前なんです。

 

日本人が「宗教勧誘=怪しい」と思ってしまうのは、

  • 日本にが宗教がほとんどない
  • オウム真理教のイメージが残っている

からであり、世界基準でみたら全くの普通です。

 

しかも、強引に勧誘されることはありません。

入信しなくても、GO-EIGOを受け続けることは可能です。

 

なので、「宗教の勧誘が怖い!」ということは違くて、安心して大丈夫です。

 

GO-EIGOレッスン内容は?

レッスンは、

  • オリジナルテキストを用いて、
  • ホワイトボード形式

で授業をしていきます。

 

プログラムは、EnglishConnectというものに基づいているようです。

このプログラムは、アメリカの語学に強い大学も開発に関わっており、かなり信憑性が高いといえます。

初級クラスと中級クラスの2種類があり、自分の英語レベルによって選ぶことが可能。

 

EnglishConeectのオリジナルテキストは、オンラインで無料で手に入れることができます。

また、500円ほどで紙のテキストを購入することも可能です。

 

授業内容としては、

ホームページより

リスニング、スピーキングを中心に、正しい発音、会話、そして実用的な表現を繰り返し練習します。

と書いてあります。

 

つまり、紙の上の英語ではなく、実際の英会話が学べるみたいです。

 

英会話で使われるフレーズをみんなで発音していくという形式ですね。

 

 

でも正直、教えているのは専門の教師ではないので、授業の質はそこまで高くはないです。

 

僕自身英語教師を5年しているのでわかるのですが、

教師を始めてから1~2年はうまく教えることができません。
(でも、奉仕活動が2年間なので、ほとんどの講師は講師歴が「数ヶ月」や「1年ほど」となります。)

 

なので、実際に言った方の話を聞くと、

  • 教科書をただ読む授業になっている

という声もありました。

 

でも、それは教える人によって大きく変わってくるところで、

  • みんなで和やかに英会話が練習できた

という声もあり、講師の当たり外れもあるようです。

 

そして、授業の最後では、モルモン教の教えを聞く時間が少しあります。

彼らも宣教活動しに来ているし、無料ですので、こればかりは仕方ありません。

 

GO-EIGOに行った方の口コミ

では、実際にGO-EIGOに行った方の口コミをみてみましょう。

かなり、肯定的な意見が多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

GO-EIGOに向いている方

最後に、GO-EIGOにが向いている方の特徴を紹介します。

それは、いかにあてはまる人です。

 

  • お金はないけど、英会話を練習したい
  • 毎週きまった時間にレッスンすることができない(GO-EIGOは思い立った時に参加可能)
  • 宗教勧誘をきっちりと断れる(or入信できる)
  • ネイティブと気軽に話してみたい

 

上記にあてはまる方は、一度GO-EIGOにいってみるといいかもしれません。

もし気に入らなかったら、次からいかなければいいだけの話です。

 

でも、逆に、

  • お金をかけてでも、できるだけ早く英語を身に付けたい
  • リーディングやライティングの勉強もしたい
  • 宗教勧誘が怖い

と言ったかたは、GO-EIGOではなく、別の手段で勉強するといいでしょう。

 

具体的には、

  • 市販の参考書
  • 一般の英語スクール
  • 英語教師によるオンライン教材

を試すといいと思います。

 

特に、最近では英語教師が発信している
オンライン教材がどんどん盛り上がりを見せています。

マニュアル的な英語学習ではなくて、体験談にもとづいた、本当に英語力が上がる勉強法を学ぶことができるので、
最近では英会話教室よりも選ばれるようになってきています。

 

まとめ

  • GO-EIGOとは、モルモン教の信徒たちがボランティアでやっている英語教室
  • 勧誘はされるが、入信しなくても全く問題ない
  • レッスン内容は、主に英会話

 

ここまで聞いて興味がある方は、
強引な勧誘もされないですし、無料なので、
一度参加されてみるといいのではないかな、と思います。

 

こちらから教室を探せます。

※2020年8月現在、コロナにより一時休止中。

 

また、独学で英会話を学びたい方は、
東大生英語教師である僕が方法をまとめたので、
こちらの記事をご覧ください。

英会話を独学で撃破!10分のスキマ時間で超お手軽に練習する2つの方法。

2019年10月17日

 

 

対して、ちゃんとした英語教師からオンラインで学びたい、というかたは、
ぜひ下で紹介している書籍も読んでみるといいと思います。

ぜひ、いい英語ライフを送っていきましょう!

それでは!

 

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA