「マンツーマン」と「独学」、どちらの方が効率いい?

こんにちは、ジャックです。

 

最近電車に乗っていると、
マンツーマンの英会話塾の
広告がどんどん増えていますね。

 

 

「会議で話したいことはあるのに
英語ができないから話せない…」

 

みたいなところから抜け出せると書いてあります。

 

まぁたしかに外国人教師と
毎日話してたら英語できるようになりそうだなぁ、
と思ってサイトをみてみたのですが、

 

だめだこりゃ・・・

 

が正直な感想です。笑

 

 

その理由は、こんなのやってたら
どんなに時間とお金があっても英語が上達しない
からです。

 

それよりは、独学で勉強法を学んだり
教材を買ったりした方が、
はるかに短時間で英語を上達させることができます。

 

 

では、詳しくみてみましょう。

 

マンツーマン英会話はただの一時しのぎ

 

マンツーマンの英会話教室で
一番人気なのがベルリッツだと思うので
ベルリッツの場合をみてみます。

 

ビジネスコースと日常会話コースがあるらしいので、
今回はビジネスの方をみていきますね。

 

 

それがこのページです。

 

 

「おお!短期集中できるやん!」

 

 

僕がいつも言っていることですが、
英語は本気出せば数ヶ月で
ある程度のことは話せる状態になれます。

 

ベルリッツもやはりそう考えているのか、
と思って「短期集中プラン」をポチってみたら、
びっくりしてしまいました。

 

 

そのレッスンプランが以下です。

 

 

え・・・!?

 

週2で、計4日間だけ・・・

 

 

しかも、料金を計算したら
4日間で20万円くらいです。

 

 

たかすぎる。笑

 

 

確かに、サラリーマンは平日仕事なので
土日の2日間にした、という優しさは
すごく理解できます。

 

 

でもですよ。

 

確かに、英語は短期間で上達させることは可能です。

 

でも、たった四日で英語が上達する
ほど、甘くはないです。

 

もしこのプランで英語が上達するなら、
日本人いまごろ全員ペラペラになってます。笑

 

ほんとに上達したいなら、
平日でもなりふり構っていられないんです。

 

 

毎日英語にさわって、
だからこそ数ヶ月という短い期間で効果がでる。

 

それが僕がいつも言っていることです。

 

 

あ、でも勘違いして欲しくないのは、
マンツーマン教室を否定してる訳じゃないんです。

 

マンツーマン教室にもちゃんと意味はあります。

 

例えば、
「英語は上手くならなくていいけど、
今度のプレゼンだけは成功させたい。」
っていう人。

 

これなら、その内容に関しては
四日間である程度言えるようになるでしょう。

 

プレゼンは成功させることができる。

 

 

でも、それは英語自体の上達ではないんですね。

 

たった4日間で英語自体の上達は、
はっきり言ってムリです。

 

一回のプレゼンは成功できるけども、
今度別のプレゼンがあったら
また同じコースを取らないといけなくなります。

 

 

いわば、その場しのぎです。

 

 

では、マンツーマンを使って
英語のスキル自体を上達させるためには
どうすればいいのか。

 

それは、期間をのばせばよいです。

 

例えば、先ほどの二週間プランを、
半年続けるとか。

 

これなら、きちんとやっていれば
ある程度英語は上達するでしょう。

 

でも、金額は100万円を超えてきます

 

 

普通の人は、英語に何百万も払えないですよね。

 

ここがマンツーマンの難しいところなのです。

 

 

では、どうすれば
短期間でかつ
ある程度のお金で
英語を上達させることができるのか。

 

そこで、僕が最強だと思う方法が
独学
なのです。

 

独学が最強な理由

 

独学のメリットとは、

  • 最速で習得できる
  • やる気が出て、ストレスなく勉強できる
  • マンツーマンより安い

の三つです。

 

結局、お金も安く、
得たい結果が一番早く得れます。

 

独学は最速の学習法

 

マンツーマンは、だいたいが週2です。

 

毎回教室まで足をはこぶ必要があります。

 

 

でも、これだと英語にふれる機会が
少なすぎます。

 

そして、何より高い。

 

英語上達への道を
セグウェイで移動しているのと同じです。

 

 

値段は高いし、あんまり進まない。笑

 

これじゃ、いつまでたっても目的に
たどり着けない。

 

 

なので、僕たちは超はやいバイクを使う必要があります。

 

その方法が、独学なのです。

 

独学は、やる気も上がる

 

ちなみに、僕の英語力もほぼ独学で
GETしました。

 

そのきっかけは、学校の英語の授業が
超つまらなかったからです。

 

ひたすら教科書を音読させたり、
英単語テストをさせたり。

 

クラスでも、楽しんで受けている人なんて
一人もいませんでした。

 

これでは、英語を短期間で上達なんて
夢のまた夢です。

 

 

「これに付き合ってちゃいかん!」
と思い立った僕は、
自分で教材を買うことにしました。

 

 

英語ができる人におすすめなのを聞いたり、
ネットで情報を集めて、
ついに一冊購入しました。

 

その時、
驚くほどやる気が出たのを覚えています。

 

学校に買わされた教科書ではなく、
おこづかいをはたいて、
自分で買った一冊。

 

これは何にも代えがたくて、
一瞬で本を終わらせてしまったのを覚えています。

 

その後、次々とやる気がわいてきました。

 

有名な先生の短期授業があると聞くと、
家から2時間もかかる会場まで足を運んだり。

 

勉強法や英語の本質を学びました。

 

 

今から思い返してみると、
このときの僕は英語の道を
超はやいバイクで爆走していたのでしょう。

 

だからこそ、短期間でもすごい成果が出ました。
アリのような速度で進む学校の授業なんか、
とても簡単に見えました。

 

学校の成績もみるみる上がるのです。

 

 

この時の僕があったからこそ今の僕がある
と思っています。

 

 

独学は出そうと思えばいくらでもスピードを出すことができるし、
モチベーションを高めることもできます。

 

まさに、英語上達への最短ルートなのです。

 

 

今回の話をまとめると、

 

  • マンツーマンはその場しのぎ

  • 独学は自分で速度をコントロールできる

  • 独学が英語上達への近道

 

英語を最低数ヶ月、
フルスピードでやろうと思ったら、
独学が一番良いです。

 

そして、そのあかつきには、
英語が昔よりも格段にできる
自分が待っていると思います。

 

とりあえず何をすればわからない人は、
独学の素材を集めればいいと思います。

 

そこで僕は、自分の経験から
これらをおすすめします。

 

鉄壁はもっともおすすめな英単語帳!現役東大生英語教師がおしえる鉄緑会「鉄壁」のメリットと使い方。

2019年10月11日

「英単語のトリセツ」プレゼント&ジャックの公式メールコミュニティ

2019年8月27日

 

 

また、マンツーマンについてより深く解説した動画もあるので、
よろしければ見ていってください。

 

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です