デンソーの採用と昇進に必要なTOEICスコアや英語力は?

こんにちは、ジャックです.

 

今回は、株式会社デンソーに採用・昇進するために必要なTOEICスコアや英語力を紹介していこうと思います。

「デンソーはTOEIC何点あれば採用される?足切りは?」

「昇進にもTOEICスコアがいるの?」

「デンソー社内での英語教育体制は?」

という疑問にお答えしていこうかと思います。

 

 

以前の記事で、トヨタと武田製薬の採用・昇進に必要なTOEICスコアを紹介しました。

トヨタのTOEIC事情を元社員に聞いてみた!採用、昇進に必要な英語力は?

2020年8月24日

武田薬品の採用時に必要なTOEICの点数とは?足切りはあるの?

2020年8月24日

 

そこで今回のデンソーは第三弾となるわけですが、こちらは情報量が少なくかなり情報を集めるのに苦労しましたが、

デンソー内でのTOEICの扱い

がかなりわかってきたので、紹介しようと思います。

 

採用時にTOEICスコアは必要か?

まず、採用時にTOEICのスコアは必要かどうか、ということについて。

 

ソフトバンクや楽天など、
採用時点からTOEICスコアで足切りされる企業も増えてきましたが、

 

結論から言うと、デンソーでは、

採用時は英語が必須ではありません。

 

TOEICが何点ないと内定出さない、ということはないようです。

 

なぜなら、デンソーの英語に対する姿勢として、

社内での英語力をアップさせる

というものがあります。

 

つまり、入ったときは全く英語ができなくても、
入った後に英語を学んでいきましょう、っていうことです。

 

デンソーは、社員への英語教育をめちゃくちゃ充実させています。

デンソーがいかに英語に力をつぎ込んでいるかは、
TOEIC公式ホームページのあるデンソーに関する記事からも読みとれます。

 

ただし、採用時もまったく英語力を見ていないわけではなく、
就活総研さんの面接体験記をみると、

面接の中で、

「海外へ行く可能性もありますが、英語能力などは大丈夫ですか?」

という質問があったようです。

 

必須ではないが、あった方がいいことがたしかですね。

 

昇進時にTOEICスコアは必要か?

では、昇進時にTOEICスコアは必要なのでしょうか?

 

結論からいうと、

必要です。

 

なぜならTOEIC公式ホームページにある「TOEIC活用事例」にデンソーの名前が乗っており、

社内グローバル化の実現に向けTOEIC® Listening & Reading Testのスコアを昇格要件化

と明示されているからです。

 

ちなみに、昇進にTOEICスコアが必要になったのは、2019年の1月からです。

 

デンソーが昇進にTOEICを義務付けた理由としては、このように書かれています。

TOEIC公式ホームページより

デンソーのTOEIC昇格要件化について

導入目的
  • グローバルビジネスに対応するため、社内全体の英語力の底上げが必要に
  • 社員の英語4技能を測定するツールとして
活用方法
  • TOEIC L&R IPテストを年4回実施し、スコアを昇格要件に設定
  • 語学研修の前後にTOEIC S&Wスコアを実施
  • TOEIC L&Rに苦手意識のある社員や、若手社員にはTOEIC Bridge Testを試行
導入効果
  • グローバル人材登録者やTOEIC L&Rスコア保有者が増加
  • 約6年半で800名以上の社員が100点以上スコアアップ

 

デンソーが海外へ事業を拡大するにつれ、英語の必要性が増してきたようです。

だから、語学研修も行い、昇進にTOEICスコアを義務付けることによって、会社全体の英語力を上げる狙いがあるようですね。

 

すでに確かな成果も出ているみたいですね。

 

ただし、具体的に何点必要なのか?というスコアまでは明記されていませんでした。

 

ただし、

記事の引用

「600点は、あくまでグローバル人材としての入口ですよ」と、ミニマムとしての指標であることを伝え、意識の切り替えを促しました。

とあったことから、一番最初の昇進には600点が求められる可能性が高いですね。

 

 

デンソー社内での英語教育

デンソー社員の約94%が技術系社員であり、彼らの英語力が低かったことが、社内英語教育を充実されてきた理由です。

 

具体的な内容としては、

  • 学習ツールとしてe-learningを導入
  • TOEIC L&R IPテストは、年4回実施
  • 部署ごとにまとめたIPテストスコアの保有率と平均点の公開
  • 語学研修
  • 英語学習成果の提出+講師や人材開発部がコメントを書き添えて返却

など、かなり精力的に社員の英語力アップをはかっています。

 

ちなみに、e-learningは、学習努力を評価することによって、
昇格時に必要なTOEICスコアを達成できなかった場合の救済措置の意味合いもあるそうです。

だから、きちんと英語学習をしていれば、たとえ必要なTOEICスコアを達成できなくても、許容される可能性もありそうですね。

 

まとめ

というわけで最後にまとめますが、

デンソーでは

  • 採用時はTOEICスコアや英語力は必須ではない
  • 昇進、昇格にはTOEICスコアが必要
  • 社内の英語教育体制がめちゃくちゃ充実している

ことがいえます。

 

大企業では、これからもますます英語力が見られていくと思います。

 

以前の記事で、トヨタ自動車と武田製薬でのTOEICも紹介しました。

会社ごとによって少しずつTOEICの使われ方が違うので、
読んでみると面白いと思います。

トヨタのTOEIC事情を元社員に聞いてみた!採用、昇進に必要な英語力は?

2020年8月24日

武田薬品の採用時に必要なTOEICの点数とは?足切りはあるの?

2020年8月24日

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA