コロナへの対応で、あなたの「本質を見抜く力」が試される

こんにちは、ジャックです。

 

2020年は、新型コロナウイルスで
世界中が大変なことになってますね。

オリンピックが一年延期されたり。
外出自粛がいいわたされたり、
マスクが売り切れたり。

 

そして、なぜかドイレットペーパーも売り切れたり。笑

 

そこで、僕は思うんです。

そんなごたごたした世の中だからこそ

本質を見抜く力

がいい意味でも悪い意味でもバレるのだと。

 

あなたは、コロナウイルスでどんな行動をとりましたか?

それによって、あなたの脳の中が丸わかりだし、
英語とかの勉強や、仕事などがデキるかにも関わってきます。

 

では、今回のコロナと本質を見抜く力の関係を話していきますね。

 

あなたはなぜ外出時にマスクをしたのか?

あなたは、コロナと聞いて
外出するするときはマスクを付けたかもしれません。

マスク以外にしても、
飲み会をキャンセルしたり、
外出をひかえたり、
食べものを買いだめしたかもしれません。

 

では、質問です。

あなたの行動はなにを根拠にしてましたか?

 

ここが大事なんですよ。

 

正直いうと、
たぶんだいたいの人は根拠なんてなかったと思うんです。

 

「テレビのニュース番組で言ってたから」とか、
「みんながやってるからやらなきゃ」とか、
そんないい加減な根拠です。

メディアとか周りの人に流されてるだけで、
自分でちょっとでも考えた人はほとんどいないんじゃないかな?、と。

 

 

そして、これはコロナだけの問題じゃないと僕は思ってます。

普段やってる勉強も、
頑張っている仕事も、
なにもかもに繋がってきます。

 

実際、勉強がデキる人とか、
仕事がデキる人とかは、
今回のコロナに対応が普通とが全く違います。

 

僕の知り合いには東大生がたくさんいたり、
ビジネスを成功させた経営者もいるのですが、
彼らはコロナに対して世の中とはまったく違う反応をしてました。

 

本質を見抜く人のコロナへの反応

では、そんな人がコロナにどう対応するかみていきましょう。

 

なんでも上達が速いような、本質を見抜ける人は
まずは

データ

をみようとします。

 

今回のコロナでいうなら。

たとえば、日本での累計感染者が1000人だったとします。
(外出自粛要請が出ていた時のデータ。)

 

ここで、
「え!?1000人もかかってるの!?」
と慌てるのははやいです。

 

まずは、感染率を算出するんです。

1000/1000なのか、
1000/1000000なのかで全然違うので、
大事なのは数よりも率です。

実際にやってみると、
日本の人口は1億2600万人ほどなので、

1000÷1億2600万=0.000008

 

つまり、感染率は0.0008%です。

え、すくな!、と。

 

さらに、致死率は2%と言われるので、
死亡リスクで言えばもうほとんどないです。

 

この時点で、本質を見抜ける人は
「世間が騒いでるほどヤバくはないな…」
と判断できます。

 

でも、率を計算したくらいでは終わりません。

まだまだ甘いです。

 

同じ1000人でも、内訳が知りたいからです。

 

例えば、

  • 高齢者
  • 持病持ち

あたりが1000人のほとんどをしめているのではないか?

死亡数のほとんどが高齢者なんじゃないか?

という目線でデータを見てみます。

 

実際に、年齢別の死亡率データがこちら。

 

はい、予想通りですね。

致死率2%といわれてるけど、
年齢によってかなりばらつきがあります。

 

そして、感染をしている人自体も
高齢者が多くを占めているだろうことも予測できるわけです。

 

 

だから、ここであなたの年齢によって対応が変わります。

 

1.あなたが60才以下の場合

致死率は1%いくかいかないくらいです。
50才以下なら、0.5%もありません。

日本での感染率は0.0008%ですから、
この年齢帯の死亡リスクは
0.0008% × 0.5% = 0.000004%

もう、気にしなくていいレベルですね。

 

2. あなたが60才以上の場合

特に、70才以上だと爆発的に致死率があがります。

仮に10%だとすると、
0.0008% × 10% = 0.00008%

1000万人に8人です。

若者よりは気をつける必要がありますね。

 

 

とこんな感じの分析ができます。

 

でも、
「具体的に0.0008%とかどのくらいヤバイの?」
っていうのも気になると思います。

そこで、他のものと率を比べてみました。

 

  感染負傷数 感染負傷率 致死率
インフルエンザ 1000万人(推定) 8.25% 0.001%
交通事故 46万人 0.37% 0.7%
新型コロナウイルス 1000人
(3月現在)
0.0008% 2%

(インフルエンザは厚生労働省による1年間の推定値、交通事故は警察庁に統計による1年間のデータ)

 

こうしてみると、新型コロナウイルスにかかる確率は、
インフルエンザや交通事故と比べて1000分の1とかの規模です。

 

さらに、致死率は2%と高いですが、
これは実際にかかった人のなかでの致死率です。

でも、そもそもかかる確率が低いのです。

 

だから、日本人全体でコロナによって死亡した人の率をとってみると、
死亡率もインフルエンザや交通事故よりもずっと少ないことがわかります。

(負傷・感染率と致死率のかけ算した結果を比べます。)

 

コロナの本質を見抜こう

このようにして、コロナによるリスクの本質を見ることができます。

本当はインフルエンザや交通事故は毎年起きるけど
コロナは今回のみという違いもありますが、
だいたいの規模感はつかめます。

 

さらに、他にもコロナの本質を見ることができます。

たとえば、

  • マスクは根本的な解決にならない。なぜなら、マスクは直径5μm以上の粒子しか除去できないが、ウイルスは0.02μmである。
  • 患者が指数関数的に増加するのはウソ。実際には治る人もいるので、例え1人が2人とかにうつしても、治る速度とのバランスによっては収束することもある。(数学)

 

こうやって、メディアや周りに流されるんじゃなくて
「実情がどうなっているんだ??」
という眼で自分で判断してみてください。

 

すると、本当は思ったより全然大丈夫、とか、
思ったより意外とヤバイ!とかに気付けるのです。

 

英語学習も本質を見極めるのが唯一のコツ

僕は英語教師ですので、
英語でも同じことが言えると言い切れます。

 

英語ができない人というのは、
だいたい周りに流されてるんですよねぇ。

あなたが今英語の勉強しているとしたら、
勉強法はなにを根拠にやっていますか?

 

「CMでやってたから講座に参加してみる!」とか
「Amazonで1位だし参考書買おうかなぁ」とか
「みんあやってるからこの単語帳やろう」とか。

 

こんな状態では、英語がうまくなりようがないです。

たぶん、何年間も英語勉強してるのに一向にできるようにならず、一生苦しむタイプです。

 

でも、一方で数ヶ月でサッとTOEIC900とかとる人もいます。

そうした人は、決まって英語学習の本質をみています。

 

「どうしたら一番効率的に英語力が上がるんだろう?」
「科学的観点からはどうか?」
「みんま単語帳使ってるけど、それでいいのだろうか?」

と、常にデータや原理に基づいて本質をみようとします。

それでもわからないときは、自分が信頼できると思った成功者に教えをこう。

 

こうして、周りに流されずにどんどん英語がうまくなっていくんですね。

だから、英語の勉強スタイルも普通とはちょっと違うことが多いです。

それが、本質を極めていった結果です。

 

もしあなたが英語を上達したいと思っているなら、
今回話したような「本質」を常に意識してください。

 

できるだけデータをあつめて、
いろんな人の話を聞いて経験し、
それを使って自分で本質を見極めてみてくださいね。

 

今回はコロナを例に出しましたが、
同じことが英語学習でも出来るはずですので。

本質がみきわめられるようになれば、
あなたは1ヶ月さえあれば見違えるほど成長することを保証します。

 

こちらの動画も合わせて見ると、より成果の出し方が変わってきますよ。

 

それでは!

 


単語帳を使わず次々と英単語を覚える方法を特別公開

超普通で英語が嫌いな学生が、東京大学に合格し、TOEICも900点取得。
その後英語教師にまで上りつめた、人生を変える英語の勉強法。

そんな単語帳を使わない、効率に特化した単語暗記法を期間限定でメールコミュニティ内で公開します。

◆ 英語に触れるだけで自動的に単語を覚えてしまう学習法とは?
◆ 脳科学にもとづいた、あるひと工夫で単語の定着が2倍になるテクニックとは?
◆ 1単語を覚える労力で10単語を覚える方法とは?

単語帳なし、ストレスなし。どんどん英単語が頭に入る暗記法を全て伝授します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です