暇で暇で仕方ないなら、とりあえず勉強やっとけ!将来、後悔する前に!

最近、「自己投資」という言葉について考えはじめました。

 

自己投資って意識高そうだけど、
そもそも何をさしてるか、よくわからないじゃないですか。

 

教材買うのは自己投資だよね?

そしたらおいしいものを食べるのは自己投資?

旅行に行くのも自己投資?

 

 

そもそも、「投資」って言葉がわからないんですよね。

 

考えれば考えるほどわからなくなるのですが、

僕は、困った時にはきく人を決めています。

 

 

なんでも絶対に答えてくれる人。

いつでも頼れる人。

のび太でいうなら、ドラえもん。

スティーブ・ジョブスでいうなら、相方のスティーブ・ウォズニアック。

 

 

僕は生まれてこのかた、ずっとこの人に頼りっぱなしなのですが、

その人の名は、

 

Wikipediaです。

 

 

Wikipediaによると、投資とは

  • 主に経済において
  • 将来的に資本を増加させるのが目的
  • 現在の資本を投じること
  • リスクを伴う

らしいです。

 

経済において、とあるので、
資本 = お金  と思っていいと思います。

 

で、大事なこととしては、
将来的にお金を増やすのが目的ってことなんですよね。

 

おいしいご飯食べても将来的にお金は増えないです。

それがヒントで料理人成功した、とかすごい能力の持ち主でもないかぎり、おいしいもの食べてもお金は増えないです。

 

 

なら旅行はどうか?

僕は、人によると思っています。

旅行行くと、当然いつもいる日本と全然違う環境に放り込まれるわけですが、そしてその環境を何日もサバイバルしないといけないわけですが、

そうすることによっていつもと違う視野が得られるわけです。

 

日本では当たり前でも、
世界ではそうじゃない!と気付けるわけです。

 

これは結局ビジネス感覚につながり、
それは資本(お金)を増やすことになります。

 

だから、

「違うものを体験したい!」

という目的のもとに行われた旅行は自己投資と言えるのかもしれませんが、これは僕の一個人の意見であり専門家の意見じゃないので、多分としか言えないですが、旅行はもしかしたら自己投資になるかもしれません。

 

 

でも、ですよ。

 

これ、誰がどう考えても投資じゃない?てものが一つあります。

 

これをやれば確実に将来の資本が増えるものが一つあります。

 

 

その名は、

 

勉強

 

です。

 

いや、当たり前やがな、と。

ジャック何いってんねん誰でも知っとるわ、と。

 

もしこれがニコニコ動画で僕が顔出しで配信してたとしたら、

 

「それはそうwww」

「当たり前www」

「こいつ何いってるんwwww」

 

という文字が画面を横断してそうですが、

でももちろん僕もそんなことは百も承知で、

勉強したらそりゃいい職につけてお金も増えるわけですが、

でもわざわざこのブログに書いたのには僕なりの理由がありまして、

それは

 

 

それわかった上で実践してるんですか?

 

ってことです。

 

 

わざわざ書いたのは、

僕が投資の定義について一通り考えた後に
結局「勉強」という当たり前の結果に
戻ってきたからでもあり、

結局みんなやってないじゃないですか、と率直に思ったからなのです。

 

結局今のことしか考えてないじゃないですか、という結論に至ったのです。

 

 

自己投資は、「将来の」お金を増やすことです。

 

投資すると、今現在のお金は減るけど、将来的に増えればよくないですか?ということなんです。

 

株式とか不動産とか債権とかに投資してる人はいるのに「自分に投資する」ことについてちゃんと考えてないような気がします。

そもそも人生で一番大事なのは自分であり、いつも一番近くにあるのも自分であり、どこか遠くにある会社とか、住みもしないどこかの不動産には投資してるのに、

 

自分自身への投資を考えないのはおかしくないですか?

 

とジャックは思うのです。

 

 

人間って、結局「今」が大事に思えてきてしまう。

一年後にもらえる2千円より、今もらえる千円を大事にしてしまう。

 

でも、世の中でいわゆる成功してる人たちは、迷わず「一年後の2千円」を選べる人だったりします。

 

だって、一年後の自分も、自分ですから。

一年後になったら「今の自分」になりますから。

 

頭では分かっていても、結局楽する方に流されている人が多いので、そしてこれは僕自身にも向けて言っているのですが、

 

将来のために自分に投資しましょう、と。

 

今のことだけ考えてたら動物と変わりませんよ、と。

 

 

ちなみに、動物は「未来」という概念がないらしいです。

 

部屋に閉じ込められて一週間分の食べ物しかなかったとしても、

未来のためにちょっとずつ食べるという発想がなく、

一日目でガンガン食べてしまうらしいです。

 

結局一週間後に食べ物がなくなり、ひもじくなり、下手すると死に至る。

 

これを見て人間様は

「あー、動物ってやっぱアホだな〜」

と他人事のようにいってるわけですが、

 

さっきの話と全く同じ構造なんですよ。

 

 

暇ができると、遊んでしまう。
楽する方に流れてしまう。

 

すると、結局未来の自分が苦しみます。

 

勉強しなかったら、受験するときにいい大学に入れなかったり最悪受験に落ちてしまう。

その時に泣いてももう遅いんです。

 

大学でちゃんと勉強しなかったら、いい企業にいけない。
ブラック企業に入ってしまって、低賃金で労働させられるかもしれない。

その時に自分の人生を悔やんでも、もうどうしようもないのです。

 

これは、一日目に全部食べてしまって、一週間後にひもじい思いをする動物と同じです。

 

人間様が指をさして笑ったあの光景を同じです。

 

 

僕たちはせっかく人間なのですから、
動物と同じことをしてしまってはダメなのです。

 

 

将来の自分に向けて投資をする。

 

今で見るとお金と時間は減るかもしれないけど、
一年後、二年後の自分にそれが2倍になって返ってきます。

 

何十年の単位でみたら、5倍、10倍にもなって返ってきます。

 

 

だから僕は、この記事を通して
以下の言葉を世の人に届けたい。

 

暇で暇で仕方ないなら、とりあえず勉強やっときましょう。
将来の可能性が10倍になりますから。

 

 


単語帳がいらない英単語暗記法、無料で読めます

僕は東京大学に合格し、
入学後は英語教師をやっています。

 

でも、最初から才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもなかったです。

 

もともとそこまで頭はよくなくなかったし、
中学受験の時も第二志望をギリギリで受かったくらいの成績でした。

 

 

そんな僕でも、英語に正しい勉強法でとりくんで
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

 

東大に余裕で合格し、
TOEICも900点を取得。

 

その英語を学ぶ過程で、
効率的に勉強する方法や、勉強の戦略のたて方など、
学校では学べないことを知ることができました。

 

その経験から、いまの実力に関係なく、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語をマスターできると確信しています。

 

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
みんながグローバル社会を楽しみ、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

 

その第一歩として
単語帳なし、ストレスもなく学べる単語暗記法
をレポートとしてまとめました。

 

このレポートは
メールコミュニティ(メルマガ)のなか限定で公開しています。

 

10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

 

単語帳なしの暗記法「英単語のトリセツ」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立った!と思ったら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(下のツイートボタンなどからすぐにシェアできます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です